PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

191013 次女(そもそもの4/25) 

 

昨日の続きになります。
そもそもの発端まで遡ります。

忘れもしない4/25の明け方3時。
「ちょっといい?いい話じゃないよ」と家内に叩き起こされて
「次女ちゃんのお腹に赤ちゃん。今3ヶ月。彼は今は無理と言っているらしい。
どっちにしても今決断しないと間に合わない。」

家族5人(雰囲気を察知して起きて来たちー助を含む)でリビングに集結しての家族会議。
ちなみに自分は次女が暫く前から調子悪い、気持ち悪いと言っていたので薄々感づいていました。
家内も2月に次女に聞いたら否定したので年末年始の病院移転の残業疲れだと思っていたそう。
(そもそも次女自身が検査薬で判ったのは4月に入ってから。4/24に独りで病院を初受診。)
なので「赤ちゃん」には驚かず「彼が堕ろして欲しいと口走った」事に内心激しく反応した次第です。

4/25の夕方には彼が福島にすっ飛んで来て家内と次女だけとの3者面談。福島駅で、です。
動転してしまってすみませんでした。次女さんも赤ちゃんも大切にします。
全てはここから始まりました。
ちなみに自分が面談に行かなかったのは逃げ腰の彼に襲い掛かる危険性があったため
家内に止められたからです。今となっては笑い話ですけれど。

この日、三者面談を和やかに終えて帰宅した次女にやっと「おめでとう」と言いました。
明け方のカミングアウトの時にエコー写真を見せられたのに言ってやれなかった事が
1日ずっと引っ掛かっていました。

次女の人生です。先に子供が出来た事には食い付きません。
変えようのない現実を踏まえてひたすら全力でバックアップするのみ。
次女以外の3人と一匹の家族の総意です。

そう言えば、彼氏が出来たと家内から聞いたのは埼玉支部撤収の引越しが終わった日。
一緒にえすてぃ魔で福島に帰るとばかり思っていたら「1週間ぐらい友達のところに居る」
と言われて、「へ~?」と。その後帰りの車の中で家内から聞いたんでした。
・・・・・至ってうわべは冷静でした。
次女も含めた我が家の女性陣は自分が荒れ狂うと思っていたらしいですが、残念でしたね。笑。



その後、彼がギリギリまで東京での今の仕事で稼げるだけ働きつつ産休までには移住する
というほぼ当初のシナリオ通りの経緯です。
6/16
ガチガチに緊張して来宅した彼と初対面。
父親は凶暴で獰猛(なモモンガ)だと言っておけと次女に言ってありました。
「次女さんと結婚させてくだs」「いいよ」。
7/19
次女が彼の実家にご挨拶に。
親御さんは今月我が家に挨拶に来て下さる予定。まだ直接話した事はないですが
お母様からは息子をすっ飛ばして先に次女に何かとLine連絡が来るそうなので大丈夫です。
8/25
どうしても出逢った記念日に入籍したい、との次女のこだわりでこの日に入籍。
義母が亡くなった直後なので延期すべきかを気にしていたようですが
問題ないよ、と背中を押しました。(葬儀でお坊さんにも聞いて同じ事を言われたそう。)
自分はふ~ん、出逢った日なんだ?程度の反応でしたが
実は気付かずブログに書いていた。リンクは貼りません。おいおい改めて。


滅多にしない写真の使い回し。5/25に書いた日記の写真です。
そんな事情のさ中なので
寄り添うちー助が何かを感じ取っているように見えて
当日は日記を書きながらコレを見てウルウルしておりました。
20190525 11




category: Twins

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 4

△top

191012 次女(間もなく) 

 


台風19号。ここ福島では朝から雨が降っており、
夕方から一段と強く切れ目なく降ってきました。午後3時時点で灯りを点けていないと家の中は真っ暗でした。
(18:08 これを書いているたった今、警戒レベル4の全員避難開始の警報が出ました。)

少し肌寒いのか女性陣が出払っていて寂しくなったのか、
トコトコやって来たちー助がワタクシの目を真っ直ぐ見て「あーあー」騒いでいるので
「おいで。ココ。」と座椅子を空けて呼んでみたらびっくり仰天。
脇の下にぐいぐい潜り込んで来ました。
こんな事は初めてだったので戸惑うやら嬉しいやらで慌てて撮った写真です。
20191012 02
すぐにぐうぐう寝てしまいました。
みしっと身体を密着させて来ているので暖か~いです。




さて、家族の中で一人だけ苗字が変ったのに以前と変らない生活が続いている我が家。
次女が8/25に入籍を済ませた事は以前書きましたが
若干その旦那(以降息子や彼と書きます)の福島移住計画に触れただけで詳しくは公表しておりません。
ですが、事態が動き始めたので記録しておきます。

実は10/9に我が家一泊で就職試験と面接に来た息子に昨日10/11にめでたく採用連絡がありました。
事情を知る我が家女性陣の共通の知人から紹介された会社。8/25にファミレスで最初の顔合わせ。
9/21つまり自分が退院時にピックアップしてもらったのはスーツを着ての会社見学と挨拶の日でした。
当然一同でヤキモキしていたのでホッとしました。

次女のために東京を引き払って福島に、とよくぞ決断してくれたと思いますが
生活するためには安定した収入が大前提になるのでこれで第一関門突破というワケです。
(30歳過ぎにして初めて一般企業の正社員に。今まではアルバイト的な契約社員経験のみ。
もちろん職業に貴賎はないし彼の事情もあるので嫁に出す決断の障害ではなかったです)
採用結果に関わらず今住んでいる東京のアパートを10/20で引き払う事に決めていたので
相当な綱渡りではありました。

もちろん就職が決まったとは言え出社は11月かららしいので
アパート探しが間に合うはずもないので当面我が家に同居になります。
これはむしろ我が家一同の総意で「おいで」と言っているので問題はありません。
まさか一発で受かるとは思っていなかったので(失礼)就活居候であっても同じです。

う~ん、順序立てて経緯を説明し切れないのがもどかしいですね。
上に書いた内容だと色々順番おかしくね?と思いますよね。
以前ブロ友さんへのコメント返信に「次女の場合順序が真逆」と書きましたが実はその通り。




彼が福島移住を即断即決した理由。
何よりも籍を入れる事を優先させた理由。
そして今急いで福島に来なければならない理由。 について、

次女が今日から7週間の産前休暇に入りました。
現在9ヶ月のとんでもなく大きなお腹を抱えており、
12月の頭にはワタクシはじじいになります。
↓9/18の検診エコー。自身の勤務先の病院での出産です。
20191012 01



category: Twins

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 4

△top

191009 命名 あられ  

 


子猫が長女に連れられて我が家にやって来て今日で6日目。
飼うか?飼わないか?の議論は一切無く、暗黙の了解と承認で家族の一員に。
(メスだったらちー助は去勢をしていないのでNGでしたが)

命名:あられ
20191009 01
自分や家内の初対面の時の第一声は「うわっ、耳がピンと立ってる猫だ!」でした。
垂れ耳のちー助しか知らないもので・・・。

名前は主に次女の主導で和菓子名から絞り込んで「ちまき」か「あられ」か・・・。
ちまきだと「ちー」被りになってややこしくなるから、という理由であられに決定しました。
あーちゃん。ですな。←40代後半に訪れた我が第二の青春のヒロインと同じ名前(嬉)。


昨日長女が撮影したものです。


穏やかな光景に騙されてはいけません。
面と向かうとあられは手加減を知らず全力でアタックするので
ちー助は組み伏せて噛んでしまいます。

猫同士上下関係を知らしめるための躾とも思えるし、多分本気では噛んでいないとは思いますが
見ているこちらが怖くなるので暫くはケージ越しに時間を掛けて慣らして行く必要があるとの
家族内での結論です。
あられが仕掛けなければちー助も静かにスンスンと鼻を寄せて匂いを嗅ぐ程度なんですがねぇ。


人間どもの心配を知ってか知らずか、
さぞかし生活のリズムをかき乱されてストレスが溜まっているのかと思いきや
割と悠々自適のようですね。
さっき毛づくろい中に「にゅっ」と顔を寄せたらそのまま固まっているちー助。笑。
20191009 02


この先まだまだ波乱万丈の予感がします。
我が家の家風、と言えばそれまでですが。

category:

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 0

△top

191006 モンブランタルト 

 


1日遅れの誕生日プレゼント。
次女作のモンブランタルトです。
今日休みだった次女は朝から(実は夕べから)栗をひとつずつ剥いては潰す作業を延々と・・・
とてつもなく膨大な手間を掛けた作品です。


大きさ確認のため手を入れて撮りました。

夕食後に女性陣3人にHappy Birthdayを唄ってもらって
4つに切り分けてあっと言う間に完食。
美味しかった。



*一日出掛けていた家内が帰宅してキッチンを見るなり
 「うわっ、道具も栗の皮もやりっ放し!」
 次女の辞書には綺麗に片付けるという言葉は無いようです。
 これは昔から変らない不変の性格。笑。

category: 日記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

△top

191005 誕生日 

 


56歳になりました。
数字スコア的には取り立てて言う事はありませんが
節目を迎えて思う事はなかなかアクティブに動けないこの2年半の事。
焦り、と言ってもいいかも知れません。
それでも何とか生きている事はプラスに考えて折り合いを付けて行かなければ
とは思っています。

バイクは「降りようかな?」と思う事もありますが、手元から抹消してしまったら
それこそ自分で自分の道を閉ざしてしまう事になりそうなので250ccへの変更とか、
この冬の期間で考えたいと思っています。←ネガティブな状況をブツヨクに転嫁して
明るく考えようと。


仕事だった娘達が帰宅してからなので夜遅くなってから、
誕生日のプレゼントをいただきました。
「とーちゃんが好きそうなヤツ」・・・・・当たりです。ボンレス猫のトレーナーと冬用のシャツ。
こうして家族と節目を迎えられるのは嬉しいものですね。



家族と言えば長男坊。
プレゼントの包装紙に喜んでガサガサ突撃しています。w
20191005 02


そのちー助。今日は彼を見直しました。
元気一杯200%のエネルギーで突撃してくる子猫に対して
戸惑いながらも決して攻撃しないでゴロンと横になってやり過ごしたり
猫パンチをすると見せかけて振り上げた前足をそっと下ろしたり、大人の対応が目立ちました。
20191005 03

金曜夜に行った動物病院で判った事はこの子猫は生後1ヶ月半の男の子だそうです。
また「まだ幼すぎるから病気の検査は1ヵ月後」と言われており
娘達からはそれまでは絶対に接触させないでと厳しく言われていましたが、
心配ご無用。ちー助は徹底的に接触を寸前のところで回避。
特に尻尾で遊ぼうとする子猫からうまく逃げ回っていました。
極度の緊張から吐く事は無くなりましたよ。


普段はほぼ午後は夕方まで寝ているのに
気になって仕方がない子猫の狩りの相手をずっとしていた結果、
いつもは家族の団欒の時間は嬉々としてリビングを徘徊しているのに
今日は力尽きて爆睡していました。
「お疲れ様」と言いたいです。
20191005 01

category: 日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 2

△top