PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

190921 退院しました。 

 


鬼門だと思っていた相部屋での最後の夜は大人しく過ごしていたらそれはそれで何とかなりました。
眠れない事は気にせずに無理に目を閉じたらいつの間にか寝ていたし。
救命救急センターに駆け込んだ14日の夜から足かけ8日目。
お世話になった多機能ベッドとお別れです。
20190921 01

昼に病室を出てから迎えと合流するまで2時間のタイムラグが出来てしまいましたが
病院の正面玄関で外の空気を満喫しております。
20190921 02

次女夫婦(斬新な言葉)にピックアップしてもらって
我が家に帰還しました。


今後はおいおい次女の件も述べていかないといけませんね。
8/25に入籍だけを先に済ませ、義理の息子はまだ東京でお仕事中。
彼は生活基盤をここ福島に移すべく動いており、今週末は就活のため昨日から福島入り中。
いきなり義理父(ワタクシ)の退院ピックアップの大役とか・・・。
ちなみに婿に入ったわけではありませんよ。念の為。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

190920 入院7日目 

 

人生初の相部屋体験の日。
北側の個別空調独り占めの個室から南側の4人部屋に移ったため
暑いわ狭いわで最初は涙目でしたが割とすぐに慣れました。
人間は自分の縄張り認識が出来ればそれに適応する生き物なのだなぁ、と。
次回の入院に向けての気持ちの準備が整いました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

190919 入院6日目 

 


朝いちで点滴の針がやっと外れました。
20190919 01

採血とレントゲンの結果は問題無し。
金曜午前中での退院が一旦確定したのですが、
嫌な咳が残っているのでもう1日投薬を延長して土曜日の午後いちにしましょう、
と病棟の主治医からのオススメあり。

これを今度はこちらが断って「帰ります」。
と言って手続きをお願いした直後に、
誰も迎えに行けないから土曜日にして欲しい、と家内から。
もうバタバタです。
一度はタクシーで帰るとは言ったものの折れました。

問題はここから。
結局土曜日退院で再依頼した結果、明日金曜日の朝から相部屋に移動。
これは仕方がない事とは分かっていたのにかなり不機嫌になりました。
で、夜来た家内と大バトルです。
二度と帰って来るなと言われました。帰りますけど。笑。

そんな事もありましたが、退院してもこれからが辛い季節になるので薄氷を踏む感じですね。
今回は気温の急激な低下で引いた風邪による感染症。
風邪はアレルギー感染症直結だから絶対引くなと医者に言われていますが、無理。
でも焚き火キャンプは再開させたいですね。
入院フル投薬からの退院の勢いで。 
いやまだちょっと無理か。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

190918 入院5日目 

 

日付けと時間の感覚が麻痺して来ています。 
検温、酸素測定、採血、吸入、点滴、の他に医者の回診による問診など、
割と気を抜けない治療で順調に回復している筈なんですが。

但し点滴に繋がれている以上行動の自由はありません。
20190917 02

夜は目が冴えて殆ど眠れないし、かと言って昼寝もせずずっとAmazonプライムやWOWOWオンデマンドで
映画を観て過ごしているとあっという間に時間が過ぎて行きます。唯一の変化点は食事ですかねー。
それでも個室で気儘に過ごせるだけましでしょうか。
20190917 03


実は3連休の初日の深夜に入院したため入院着とタオルレンタルが仮契約のままで、
替えが一回分の2セットしかない状態でした。
今日休みだった長女が差し入れ持参で様子を見に来てくれたついでにやっと契約書を提出。
長女が帰った直後に大量のブツが一気に部屋に運び込まれました。頑張ってガンガン着替えます。

夜は仕事終わりに家内と次女が来室。
大丈夫だから来なくていいと言ってはあるものの、
退院を焦らず徹底的に直してから出て来いと教育的指導。。。
特に家族の体調が徹底管理を要する事情の時期に感染症で咳をするヤツが家に居られるのは困る
というワケなのでごもっともではありますが。

でも、前回は9日間耐えて入院していましたが、今回はもう沢山。帰りたいです~。
明日のレントゲンで問題が無ければ金曜日か土曜日の退院かな?と期待しています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

190917 入院4日目 

 

朝から看護師さんが押す車椅子でレントゲンを撮りに行って来ました。
決して歩けないわけじゃないので気恥ずかしいのですが大人しく指示には従います。

今日は元々の注射通院予約日。
さて主治医はどう判断するのかと思っていたら午前中に車椅子で再び注射だけを打ちに外来へ。
問診は無し。↓超絶混雑中の行きつけの呼吸器内科外来の廊下で放置されている、の図。
20190917 01


主治医は若く見えるだけで偉い先生なので、
実は朝からその配下の病棟の先生から詳しい事情聴取を受けていました。
去年入院した時にお世話になった懐かしい先生との再会でした。
「週末の検査でその先の対応を考えます」
むむ入院延びるのか?

金曜日が鼻の抜糸だと伝えてはあるのでもし延びるならどうするのか?興味があります。
確か医者の派遣で連携しているのでなんとかしてくれるハズ。
少なくとも自分で糸をむしる羽目には陥らないよう祈ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top