PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

190819 社会復帰 

 


夏の10連休が終わって鋭意出勤して来ました。
とにかく静養に充てた休みだったのでその効果やいかに?自分自身に期待しています。


休みの最後の3日間は日付の記憶が曖昧なほど何もしませんでしたが
最終日は娘達は出勤で家内が出掛けていたので
例の「和室を住める状態に」プロジェクトの自分の分担ノルマを独りで果たしておりました。

家内が空けた押入れに今まで畳に床置きしていたキャンプ道具、ギター機材、ライフル一式を収納。
暑いわ重いわで汗だくになっているのを見た長男坊が降臨。
猫の手を借りながら・・・いやただ居るだけですけど。
20190818 01


社会復帰前のリハビリにはなりました。
あとは涼しい部屋でのんびりゆったり。
↓やり切った感、出ていますね。二匹でこうして転がっておりました。
20190818 02

category: 日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 2

△top

190815 治癒 

 


掌に傷を負ってから丸2日が経過。
傷口が塞がって絆創膏が不要になりました。
ヘタレな身体にしては驚異の回復だと思います。

勿論まだ痛いので何かと不自由ですが、
即座の水流対処と止血がうまく行ったのだと思います。
なお原因となった凶器は割れたコップの破片でした。

よく見ると太い血管をギリギリ避けて切ったのも絶妙な技でした。
20190815 01

怪我の事をこうしてネタにしてはいますが
あの瞬間の血の気が引いて足が竦む感じや絶望感はそうそう体験はしたくないものです。


台風の影響は気温の上昇だけなので
エアコンを効かせた室内でひたすら映画を観てのんびりしていた1日でした。
20190815 02

category: 日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 0

△top

190813 Purple Heart(米軍名誉負傷章) 

 


朝から災難続きでございます。

起床してトイレに居たら気配を察知して降りて来たちー助が待ち構えていて
ドアを開けたら頭を軽くゴン「うにゃ~」と文句を言われ・・・
エサの皿が空っぽなのは横目で見たもののリビングのカーテンを開ける事を優先したら
お腹を空かせたちー助がフクラハギをガブッ。それもご丁寧に右と左両方です。


これが痛い日の予兆だったのかも知れません。


明日の不燃物ゴミの収集のために玄関でガサガサと分別作業をし始めた時
手に激痛が走りました。
パッ見ると血が溢れ出して見る見るうちに玄関が血だらけに。
「やっちまった」と家内と出勤間際の次女を呼んで洗面所で水で流しつつ止血処置をしてもらいました。
洗面台は血の海

幸い出血は暫くすると止まったので激しい痛み以外は大事には至らず、と思っています。
家内は次女の勤務先の病院に出勤ついでに担ぎ込んではどうか?と画策を始めていました。

何で切ったかは不明。傷は3~4cm。スパッと逝ったのでナイフのようなものでしょうか?
今更追求する気力はないので犯人探しはしませんけど。
↓こんな感じで殺られました。
20190813.jpg


図らずも自己犠牲の精神は自慢しましょう。
狙撃手としてのメジャーデビュー前ではありますが
Purple Heart章に値する事案です。(←勝手に怪我しただけなのに)


それにしても、
自分で自分の未来を断つ所業の事ならワタクシにお任せください。
暫く左腕を上げたまま絶対安静です。

category: 日記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

190811 涼しい話 

 


涼しい1日でした。
リビングの温度は30℃を超える事がなく夕方からは久し振りの雨も降って
快適に過ごせました。
風呂上りで24℃・・・いつものようにハダカで居たら寒くなって裏起毛のパーカーを
着込んだほどです。

なので大人しくしていればいいものを変温動物のDNAが騒いで
回覧板を置きに行くついでの1kmのウォーキングと
ジャングルと化した庭木の剪定を敢行しました。
植えて20年間放置していた木蓮をバッサリ。若干の薪を確保しました。

自分は蚊が大嫌いなので庭の奥(と言うほど広くはない)に潜り込む事は滅多に無く、
それが夏場にジャングルになってしまう最大の理由なんですが、
何故か今日はTシャツ短パンでも被害なし。不思議です。薬物漬けだからでしょうか?
・・・笑えない話です。


さておき、
「あれ?言ってなかったっけ?」と家内から今日明るい口調で聞かされたお話を。

義母が亡くなった7/31のお昼前、病院の泊まり込みで溜まった洗濯物を洗って
洗濯機に屈み込んでいた時にすーっすーっとふくらはぎを2回撫でられたので
いつものように猫様がスリスリに来たと思って見たら、居ない。
おや?とは思いつつ再び作業に戻ったら追加で1回。確認したら猫様は2階でお昼寝中。
「・・・早く病院に行かなきゃ。」

義母が亡くなったのはその3時間後なので、きっと早く病院に行けって事だったんだね、
というお話。 それで容態急変の兆候を家族に連絡出来て皆間に合ったので
「徹夜続きの神経痛じゃないの?」と茶化す事はしませんでした。
これまた不思議なお話です。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

△top

190807 メトロノーム 

 


一週間振りに出勤して仕事をして参りました。
今日、明日と出勤すると夏休みなので上司からは「体調が悪かったらもう休みに入ってもいいですよ」と
昨夜メールが来てはいたものの・・・。

昨日は医大での注射日だったので、藁にもすがる思いで通院して来ました。
一昨日の告別式から息が上がって苦しかったのでジャストインタイムではあります。
咳と眩暈が止まらない事と手足の痺れを訴えたら、以前あまりに眠くなる副作用が強すぎて
処方から外してもらっていた筋弛緩剤が復活してしまいました。

また眩暈抑制の点滴もフルで投入。
20190806 01

点滴を抜いたら血管が赤く染まっておりました。
大丈夫か?自分。
結局昼から夕方5時まで病院に居る羽目になりました。
運転が怪しかったので家内が一緒に行きましたが、延々と待たされて相当くたびれた模様。
20190806 02



さて、我々が病院に着いた頃、家の自分の部屋にいた長女から
「メトロノームが突然動き始めてちーちゃんがびっくりしている」との連絡が。
このメトロノームは家内が子供の頃使っていたもので、もう何年も動かしていなかったものです。

家内と長女の会話。
20190806 03

うーむ。我が家にやっと来てくれたのでしょうか?
少なくともどったんばったんの大騒ぎではないので、これはばーちゃん(義母)の可能性が高いです。


帰宅してちー助を問いただしてみましたが一向に気にする風ではなかったので
よく家内が言う「悪いものじゃない」というオチのようです。
20190806 04

category: 日記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

△top