PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

1023 Aimer ♪Tiny Dancers♪ 

 


相変わらず飛ばしてくれているAimerさん。
去年の12月に新潟までクルマを飛ばして観に行って以来、
またチャンスがあったらライブに行きたいな~と思いつつ。


さておき、また佳い曲を送り出して来ました。
声も歌唱も良いんですけど、これアレンジャーの才能なんだと思っています。
ついつい聴き入ってしまいます。

冒頭ちょっとだけ流れるBlack Birdも気に入ってiTunesで買いましたけど、
Tiny Dancersは15秒から開始。
踊る足元がとても可愛らしい・・・・・。




そういうわけで、年明け1/5の仙台公演をぴあのプレリザーブで10/3に申し込みました。
ワタクシにはステージの神様が憑いて下さっておりますのでお気楽に結果を待つ事約10日間。
10/12に結果をいただきました。
20181023.jpg


ちーん。


終わりました。 。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

category: Aimer

thread: 女性アーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

0811 7年目のやな祭(やなわらばー) 

 

昨日8月11日に行って来たライブレポ(旅行記)です。


2012年に初めて独りで参戦したやな祭。
以降徐々に家族を巻き込んで家族4人で行く事がここ3年の定番だったやなわらばーの夏の祭典Live。
2015年以降は全てのやなわらばーのホールLiveで最前列席の配当を引き当てるという
神がかりが伝説となっておりました。

ですが今年は自分の体調を考えて断腸の思いでチケットは買いませんでした。
また、娘達がそれぞれ出勤日だと判っていたので「家族で」の前提が崩れていましたからね。
そんなこんなでチケットがSold Outになった事を聞いて安心するやらちょっと悔しいやら・・・。


それでもやはりステージの神様は居るものです。
天使がチケットを1枚運んできてくれました。(この天使はおっさんの姿をしていたかも知れません。笑)
20180811 01
2015年来のやな友であるおねぎさんが事情ありで参戦できなくなったので
「行きませんか?」と声を掛けて下さったので瞬間的に飛びつかせていただきました。
(相変わらず義理堅いお方なので定価譲渡を主張する自分とディスカウントを主張するおねぎさんとの間に
プチ抗争が勃発しましたけど・・・折り合い済み。)


まぁ、何だな、リハビリの一環でどこまで行けるかを試す絶好のチャンス!だな
と自分に言い聞かせつつ楽しみにしておりました。
去年のやな祭以来1年と3日ぶりの東京行き。これは闘病期間とほぼイコールですね。
ユニフォームを着て気合いを入れています。
20180811 02


お盆期間のぼったくり価格ですが新幹線に乗るのは去年の出張以来だから1年半ぶりです。
実は行きは去年同様新幹線の半額で行ける高速バスを考えていましたが
先週からあまり調子が良くなくてライブ参戦そのものを躊躇しているうちに
チケットが完売しちゃいました。
20180811 03


14:30には会場入り。品川駅にほぼ隣接のTHE GRAND HALL。
福島からほぼdoor to doorで行けるメリットは大きいです。
開場は15:00ながら先行物販が14:00からだったのでその中間で着地したわけですが
独りだとたとえ数分でも時間を持て余すと切ないものがありますね・・・・・。まさに孤軍です。
20180811 04


席はチケットを見て予測した通り、前から5列目の優さん至近距離真正面の良席でした。
写真中央が優さん用のマイクスタンド。
20180811 05
この会場、目の前の座席番号が自分の番号だったらしく、
上の写真では自分も1列前に座っています。普通背もたれの番号で座るのが一般的だと思いますが。
なので殆どのお客さんが途中でおかしいと気付いて皆で1列後退の民族移動をやらかしてました。


ライブ自体は・・・そうですね、結成15年の集大成を期待した割には曲数は少なめでした。
やはりデビュー当時からの定番名曲からのスタートは良いとしても
中間期の(自分が好きなアカユラとか)名曲達をもっと聴きたかった感はあります。
ところどころに唄った中にはやなわらBARでお馴染みになった新曲(?)もあったけど
まだアルバムリリースされていないし・・・・・。そんな部分でちょとだけ違和感はありました。


とは言え生唄、生優さんにかなうものはありませんので
お祭りと割り切れば参戦した甲斐はあったというものです。
定番の終演後ハイタッチもパチンパチンと元気一杯済ませて達成感とともに会場を後にしました。


16時開演だから終演は19時、と想定して優雅な夕食前提で帰りの新幹線を21時で押さえていましたが
あっさり18時過ぎにはアンコールまで終わってしまったので滅茶苦茶暑い東京で路頭に迷いました。
会場入り口のファミマのイートインスペースでパンを優雅に齧っただけでは間が持たず
品川インターシティの地べたの公園でゆったりと・・・・・
20180811 07
・・・・・見えるでしょうけど、とにかく暑い!
サウナよりも蒸れるし蚊に刺されまくりで涙目でベンチに座っております。
体調や病状がどうこうじゃなくてこの後移動して辿り着いた東京駅のホームで
ただ単純に暑さでぶっ倒れるところでした。

冷房の効いた新幹線の座席で正気を取り戻し、
福島駅のホームで感じるひんやりした空気にホッとするという真夏の東京行きの定番スタイルでした。


一夜明けて多少の筋肉痛はあるものの割とまともに目覚めてひと安心です。
昨日物販でゲットしてきたGoods。
タオルは使うアテはないので今までのLiveで買ったものを袋出しもせずに保管してますが必ず買っちゃいますね。
(一枚だけバイクのタンクバッグの中に緩衝材代わりに入ってますけど)
20180811 08


そしてステッカーも必ず買っております。
これはまたバイクに貼るつもりで。
(ってかバイクの車検復活が先ですね。)
20180811 09


私信。
おねぎさん
今回はありがとうございました。
アルバム告知が無かったのが残念・・・・・。

category: やなわらばー

thread: やなわらばー - janre: 音楽

tb: 0   cm: 4

△top

1202 新潟に行って来ました。Aimerライブ 

 


今こうして日記を書いているので無事行って帰って来たという事になります。
感想は後ほどつらつらと書きますが、
正直自分が想像していたパフォーマンスのレベルを隣の銀河系まで吹っ飛ばされるほどの
素晴らしいライブでした。あの娘の歌声は奇跡だわ~、で長女と感想が一致。
20171202 01slide-tour-hiver


13:00に自宅を出発して東北道~磐越道を駆け抜けて15:30に新潟県民会館に到着。
猪苗代からの白銀(の名残り)の世界に気が引き締まって200kmノンストップ突撃でした。
事前にストリートビューで会場周辺のルート精査をしていたおかげで迷走はナシ。
ジムニーの顔が「義務は果たしたぜ。」と言っておりますw
20171202 02

ジムニーの高速道路走行についての予想は100%的中してました。
横風に煽られると真っ直ぐ走らない。(ちょこまか)
段差や窪みで振られて横揺れ倍増。(ゆさゆさ)
どうやら中立付近でのステアリングの遊びが大きい印象が強く、感覚的に異常にハンドルが軽くて
慣れるまで怖かったです。でも、対策は慣れじゃなくてスピード抑制。
横風と段差走行の条件で快適に巡航出来る速度は90km/hってとこです。

尚帰りは追い風参考記録(笑)で100~110km/hで快適に巡航出来たので
もしかしたら慣れと気合いなのかも知れません。←レポになってない。


会場周辺を事前に丹念に調べた結果で見つけておいたスイーツのお店へ直行。
信濃川のほとりを歩いて10分ほどの場所にあるクレシェール。
ご当地では有名なお店らしいです。
20171202 03


カフェスペースで狙っていたモンブランをいただきます。
いわゆる喫茶店の珈琲なんて何十年振りだろう?と感慨に浸りながら美味しくいただきました。
20171202 04


たまたま空いていた席が中庭を見通せる特等席。
ここまで移動も含めて全て狙い通りにオンスケジュールでの進行です。
嬉々として長女が撮影しているのは・・・
20171202 05


苺のモンブラン。
これまた美味しかったそうです。(流石にひと口くれとは言わなかった。後悔w
20171202 06


お店に入ったのが16:00。開場まで1時間あるので
ここで時間調整が出来るはずでしたが、珈琲をおかわりしても16:20。
ダラダラ居座る事を潔しとしない親娘はゆっくり信濃川の堤防を散策しながら一旦クルマに戻りました。
↓幅の広い川がゆったり流れて鴨が川流れしている光景は生活圏に無いので新鮮。
  そもそも川の名前が分からずこの場でググって調べるという・・・。
20171202 07



クルマで30分待機して開場時刻の17:00に入場。
指定席なのになんで皆並ぶんだ?とぶうぶう言いながら長蛇の列に並ぶ親娘。←これね。
二階の4列目に着席直後に座席からステージを狙ってみましたが静音カメラなので画質は×。
ステージ全景と主に中央で歌うAimerさんがちゃんと見える良席でしたよ。
20171202 08


お気に入り以外の曲はみんな同じに聞こえてきちんと聴いていない状況での初ライブ参戦。
しょっぱなから圧倒的な歌声にぶっ飛ばされて知らない曲でも関係なしに堪能出来ました。
むしろ好き嫌い言わずにきちんと全曲聴いてみようという気持ちになる不思議。
(開演前に会場で流れていたアメリカンポップスのカバーにも聴き入っていました。いいな、あれ。)


まだツアーは続くので詳述は出来ませんが。
サポートバンドもツインギター込みのフル構成でいい演奏をするな~と思っていたら、
「アンタ達Heavy Metal出身でしょう実は?」と聞いてみたくなるほどの
ハードな曲でのパフォーマンス。これはツボりました。
おかげでこれでちょっと耳がキンキンやられて以降のアップテンポ曲が聴きづらかった。

↑意外な事に長女はAimerの場合バラードよりもハードな曲の方が良かった、と
 言ってました。ライブ会場では手拍子や右手突き上げをやるのが楽しいのだそうです。
 (Perfumeではっちゃけていたのを思い出す真逆指向の腕組みつま先リズム観戦の父親。)


個人プロフィールを一切公開していないAimerさん。
孤高の歌姫という厚いベールをまとう印象で素顔も積極的には出さないので
MCも一切ないのかな?と思っていたら
曲の合間にステージをチョコチョコ走ってニコニコはしゃいで観客に手を振る姿が
印象的でした。可愛らしい・・・←そっちに衝撃を受けるおやじです。

パッと見はどこにでも居そうな普通のメガネっ娘という印象なのに
あの歌声の波動砲を放つギャップはツボです。
(未だに顔はよく分かりません。ネット見たら写真あるし
先日何かの番組でインタビューに真正面から応えているのも見ました。
ただ印象に残っていない。←物凄く失礼。)


アンコール終了後20:30に速攻で会場を脱出。駐車場出口が詰まると大変!と・・・
機動力のおかげでほぼ1番乗りであっさり出れました。


帰りも実は心配事があって、ガソリンが会津若松あたりで空になる対策と夕食。
食事は自分一人だったら面倒なので帰宅まで我慢しますが、
「お腹空いた」と長女が至極当たり前の事をおっしゃるので
来る途中でこれを想定して反対車線側を目で探して見つけておいた大阪王将へすんなりIN。
不摂生の元は家族が断ち切る、という訳でここは素直に長女に従います。実際お腹空いてるし。
その家族は何やら真っ赤なのを注文してますけどw。自分は無難に炒飯と餃子の定食。
20171202 09


あとは帰るだけなのでここでゆったり夕餉タイム。
(留守番の家内と次女向けの長女の食レポ。)
20171202 10

丁度1年前に長女と仙台での城南海さんのライブに行ってますが
イルミネーションをチラ見したあとやはり「お腹空いた。」の長女のひと言で
大阪王将の仙台一番町店に突撃していました。
偶然とは言え面白いものですね。


さて、冒頭に書いたように帰路の磐越道は他に走っているクルマも少なくて
割と快適に100km/hペースの巡航が出来ました。追い風もあったと思いますけど。
会津若松の手前でガソリンランプがポーンという音と共に点灯したので(心臓に悪い)
一旦高速を降りるか?新鶴PAに入って独り作戦会議。
休憩なしで走って来て流石に疲れたのでコイツ↓が沁みました。
20171202 11

20km先の磐梯山SAにガソリンスタンドがある事を確認。
ランプ点灯でおよそ残量5~6ℓ。燃費は別記事を書く予定(あまりの悪さのため)ですが
問題ないのでSAまで走行続行。無愛想な店員に少々切れかかりましたが無事給油。
トラックだらけの東北道では追い越し車線不使用徹底の安全運転で
何とか昨日の日付のうちギリギリに帰宅しました。


かくして往復400kmのAime新潟rライブ参戦ツアーが無事終了。
気になるアーティストは実ライブ参戦 のポリシー通りに動いて大正解でした。
尚、今回の全国ツアーはチケットが全てSold Outらしいので
ライブ前は「二階かぁ~」とは思っていたものの
意外と自分のチケットの神様が裏で頑張ってくれていた事を知りました。

category: Aimer

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

△top

1202 新潟に行って来ます。 

 


Aimerのライブへの参戦日。
ちょっとした非日常感に若干緊張しておりますが、
実はその緊張はジムニーでの高速道路デビューによるものが大きい、
と自己分析しております。


いや、分析しなくても分かるんですけどね。
最近判って来たのはジムニーはやはり高速ツアラーではないって事。
その辺の生活道路を地道にトコトコ走る為のクルマなので、
快適ではないだろうなぁと容易に想像は付きます。
それを承知で手に入れているので問題はありませんが。


さておき、体調を心配する家内からは
「電車で行け。」及び「泊まって来い。」と指令が出ておりまして
外泊マニアの自分にとっては願ったり叶ったりの好条件なんですが・・・・・
運転できる長女も同行するので(高速道路の運転経験はゼロだけど。笑)
相談の上弾丸突撃ツアーを開催する運びになっております。

 それでも念の為調べてみたら何故か新潟市内のホテルが全く空き無し。
 5年前にPerfumeの全国ツアーに参戦した時は楽勝だったのに・・・。←懐かしい。
 見るサイトによるのかも知れませんが何が起きているんだ新潟?


さて、A型几帳面完璧主義の自分ですので
ルートと駐車場の徹底リサーチを済ませて、開場時刻の2時間前に現地入りするプランを策定済み。
(もちろん道に迷ってウロウロする1時間も織り込み済みです。w
ナビ画面と実際見ている景色がリンクしない身体的欠陥を抱えているんだなこれが。)
さっきから雪がちらついているのが気になりますが、行って参ります。


category: Aimer

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

1020 Aimer 

 


今年ずっと気になっていたアーティスト。
Aimer
5月にベストアルバム2枚を確保して聴いてました。

ただ、どうでしょう?
気に入った数曲以外はあまり食指は動かず。
爆発的なマイブームとまでは行かなかったんですが、

こんなアップテンポの曲もいいね~。
久々にツボに入りました。




気になるアーティストは生ライブで実体感。
これが自分のモットーですから・・・
20171020 01


相棒(長女)と新潟に突撃して来ます~。 d(・∀<)



category: Aimer

thread: 女性アーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

△top