PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

1202 新潟に行って来ました。Aimerライブ 

 


今こうして日記を書いているので無事行って帰って来たという事になります。
感想は後ほどつらつらと書きますが、
正直自分が想像していたパフォーマンスのレベルを隣の銀河系まで吹っ飛ばされるほどの
素晴らしいライブでした。あの娘の歌声は奇跡だわ~、で長女と感想が一致。
20171202 01slide-tour-hiver


13:00に自宅を出発して東北道~磐越道を駆け抜けて15:30に新潟県民会館に到着。
猪苗代からの白銀(の名残り)の世界に気が引き締まって200kmノンストップ突撃でした。
事前にストリートビューで会場周辺のルート精査をしていたおかげで迷走はナシ。
ジムニーの顔が「義務は果たしたぜ。」と言っておりますw
20171202 02

ジムニーの高速道路走行についての予想は100%的中してました。
横風に煽られると真っ直ぐ走らない。(ちょこまか)
段差や窪みで振られて横揺れ倍増。(ゆさゆさ)
どうやら中立付近でのステアリングの遊びが大きい印象が強く、感覚的に異常にハンドルが軽くて
慣れるまで怖かったです。でも、対策は慣れじゃなくてスピード抑制。
横風と段差走行の条件で快適に巡航出来る速度は90km/hってとこです。

尚帰りは追い風参考記録(笑)で100~110km/hで快適に巡航出来たので
もしかしたら慣れと気合いなのかも知れません。←レポになってない。


会場周辺を事前に丹念に調べた結果で見つけておいたスイーツのお店へ直行。
信濃川のほとりを歩いて10分ほどの場所にあるクレシェール。
ご当地では有名なお店らしいです。
20171202 03


カフェスペースで狙っていたモンブランをいただきます。
いわゆる喫茶店の珈琲なんて何十年振りだろう?と感慨に浸りながら美味しくいただきました。
20171202 04


たまたま空いていた席が中庭を見通せる特等席。
ここまで移動も含めて全て狙い通りにオンスケジュールでの進行です。
嬉々として長女が撮影しているのは・・・
20171202 05


苺のモンブラン。
これまた美味しかったそうです。(流石にひと口くれとは言わなかった。後悔w
20171202 06


お店に入ったのが16:00。開場まで1時間あるので
ここで時間調整が出来るはずでしたが、珈琲をおかわりしても16:20。
ダラダラ居座る事を潔しとしない親娘はゆっくり信濃川の堤防を散策しながら一旦クルマに戻りました。
↓幅の広い川がゆったり流れて鴨が川流れしている光景は生活圏に無いので新鮮。
  そもそも川の名前が分からずこの場でググって調べるという・・・。
20171202 07



クルマで30分待機して開場時刻の17:00に入場。
指定席なのになんで皆並ぶんだ?とぶうぶう言いながら長蛇の列に並ぶ親娘。←これね。
二階の4列目に着席直後に座席からステージを狙ってみましたが静音カメラなので画質は×。
ステージ全景と主に中央で歌うAimerさんがちゃんと見える良席でしたよ。
20171202 08


お気に入り以外の曲はみんな同じに聞こえてきちんと聴いていない状況での初ライブ参戦。
しょっぱなから圧倒的な歌声にぶっ飛ばされて知らない曲でも関係なしに堪能出来ました。
むしろ好き嫌い言わずにきちんと全曲聴いてみようという気持ちになる不思議。
(開演前に会場で流れていたアメリカンポップスのカバーにも聴き入っていました。いいな、あれ。)


まだツアーは続くので詳述は出来ませんが。
サポートバンドもツインギター込みのフル構成でいい演奏をするな~と思っていたら、
「アンタ達Heavy Metal出身でしょう実は?」と聞いてみたくなるほどの
ハードな曲でのパフォーマンス。これはツボりました。
おかげでこれでちょっと耳がキンキンやられて以降のアップテンポ曲が聴きづらかった。

↑意外な事に長女はAimerの場合バラードよりもハードな曲の方が良かった、と
 言ってました。ライブ会場では手拍子や右手突き上げをやるのが楽しいのだそうです。
 (Perfumeではっちゃけていたのを思い出す真逆指向の腕組みつま先リズム観戦の父親。)


個人プロフィールを一切公開していないAimerさん。
孤高の歌姫という厚いベールをまとう印象で素顔も積極的には出さないので
MCも一切ないのかな?と思っていたら
曲の合間にステージをチョコチョコ走ってニコニコはしゃいで観客に手を振る姿が
印象的でした。可愛らしい・・・←そっちに衝撃を受けるおやじです。

パッと見はどこにでも居そうな普通のメガネっ娘という印象なのに
あの歌声の波動砲を放つギャップはツボです。
(未だに顔はよく分かりません。ネット見たら写真あるし
先日何かの番組でインタビューに真正面から応えているのも見ました。
ただ印象に残っていない。←物凄く失礼。)


アンコール終了後20:30に速攻で会場を脱出。駐車場出口が詰まると大変!と・・・
機動力のおかげでほぼ1番乗りであっさり出れました。


帰りも実は心配事があって、ガソリンが会津若松あたりで空になる対策と夕食。
食事は自分一人だったら面倒なので帰宅まで我慢しますが、
「お腹空いた」と長女が至極当たり前の事をおっしゃるので
来る途中でこれを想定して反対車線側を目で探して見つけておいた大阪王将へすんなりIN。
不摂生の元は家族が断ち切る、という訳でここは素直に長女に従います。実際お腹空いてるし。
その家族は何やら真っ赤なのを注文してますけどw。自分は無難に炒飯と餃子の定食。
20171202 09


あとは帰るだけなのでここでゆったり夕餉タイム。
(留守番の家内と次女向けの長女の食レポ。)
20171202 10

丁度1年前に長女と仙台での城南海さんのライブに行ってますが
イルミネーションをチラ見したあとやはり「お腹空いた。」の長女のひと言で
大阪王将の仙台一番町店に突撃していました。
偶然とは言え面白いものですね。


さて、冒頭に書いたように帰路の磐越道は他に走っているクルマも少なくて
割と快適に100km/hペースの巡航が出来ました。追い風もあったと思いますけど。
会津若松の手前でガソリンランプがポーンという音と共に点灯したので(心臓に悪い)
一旦高速を降りるか?新鶴PAに入って独り作戦会議。
休憩なしで走って来て流石に疲れたのでコイツ↓が沁みました。
20171202 11

20km先の磐梯山SAにガソリンスタンドがある事を確認。
ランプ点灯でおよそ残量5~6ℓ。燃費は別記事を書く予定(あまりの悪さのため)ですが
問題ないのでSAまで走行続行。無愛想な店員に少々切れかかりましたが無事給油。
トラックだらけの東北道では追い越し車線不使用徹底の安全運転で
何とか昨日の日付のうちギリギリに帰宅しました。


かくして往復400kmのAime新潟rライブ参戦ツアーが無事終了。
気になるアーティストは実ライブ参戦 のポリシー通りに動いて大正解でした。
尚、今回の全国ツアーはチケットが全てSold Outらしいので
ライブ前は「二階かぁ~」とは思っていたものの
意外と自分のチケットの神様が裏で頑張ってくれていた事を知りました。

category: Aimer

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

△top

1202 新潟に行って来ます。 

 


Aimerのライブへの参戦日。
ちょっとした非日常感に若干緊張しておりますが、
実はその緊張はジムニーでの高速道路デビューによるものが大きい、
と自己分析しております。


いや、分析しなくても分かるんですけどね。
最近判って来たのはジムニーはやはり高速ツアラーではないって事。
その辺の生活道路を地道にトコトコ走る為のクルマなので、
快適ではないだろうなぁと容易に想像は付きます。
それを承知で手に入れているので問題はありませんが。


さておき、体調を心配する家内からは
「電車で行け。」及び「泊まって来い。」と指令が出ておりまして
外泊マニアの自分にとっては願ったり叶ったりの好条件なんですが・・・・・
運転できる長女も同行するので(高速道路の運転経験はゼロだけど。笑)
相談の上弾丸突撃ツアーを開催する運びになっております。

 それでも念の為調べてみたら何故か新潟市内のホテルが全く空き無し。
 5年前にPerfumeの全国ツアーに参戦した時は楽勝だったのに・・・。←懐かしい。
 見るサイトによるのかも知れませんが何が起きているんだ新潟?


さて、A型几帳面完璧主義の自分ですので
ルートと駐車場の徹底リサーチを済ませて、開場時刻の2時間前に現地入りするプランを策定済み。
(もちろん道に迷ってウロウロする1時間も織り込み済みです。w
ナビ画面と実際見ている景色がリンクしない身体的欠陥を抱えているんだなこれが。)
さっきから雪がちらついているのが気になりますが、行って参ります。


category: Aimer

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

1020 Aimer 

 


今年ずっと気になっていたアーティスト。
Aimer
5月にベストアルバム2枚を確保して聴いてました。

ただ、どうでしょう?
気に入った数曲以外はあまり食指は動かず。
爆発的なマイブームとまでは行かなかったんですが、

こんなアップテンポの曲もいいね~。
久々にツボに入りました。




気になるアーティストは生ライブで実体感。
これが自分のモットーですから・・・
20171020 01


相棒(長女)と新潟に突撃して来ます~。 d(・∀<)



category: Aimer

thread: 女性アーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

△top

0805 ややや!やな祭り2017参戦記 

 


8月5日(土曜日)
やなわらばーの夏の祭典は我が家にとっても家族全員で参加する1大イベントになりました。

いつもと違うのは宿泊は無しなので家族揃っての弾丸ツアーの開催です。
もちろん行きは新幹線の半分の費用で済む高速バス利用。
朝の9時前に福島駅でスタンバイしています。
20170805 01


自分も咳の発作があるので本来なら5時間も掛けずひょいと新幹線を使う手もあったんですが、
何とか身体をダマシダマシ、です。
20170805 02


ここは途中の羽生PA。
福島は涼しかったのにここまで来たら真夏の熱気が物凄いですね~。
以前なら休憩の度に喫煙所へダッシュする習性が身に沁み込んでいますが、
煙草は持って来ていないので・・・・←改めてこの場で気付く衝撃の事実。
人間、変るものですね。(ですがいつも脳裏でどす黒い考えが渦を巻いています。念の為。)
20170805 03


バスタ新宿には予定通り14:30に到着。
「安いけど片道5時間は時間が勿体無い」これは家内の談。
時間の対価は人それぞれ考え方は違いますな。(娘達は「安けりゃ良い!」です。)
そして新宿も暑いです。
特に今の自分は酸素の取り込み量が少ない体質なので、ヘタにペースを上げて歩いたら
一発でアウトです。←東京に来れる身体じゃなかった、と着いてから自覚しました。
20170805 04


山手線内回りで15:00には品川へ移動完了。
開場まであと1時間あるので軽く食事を・・・と若干迷走中。
東口は全くの不案内だしヘタに高級そうな店だとどんな田舎もん向けトラップがあるか
わかりゃしませんからね。
20170805 05


結局落ち着いたのは駅を出てからのデニーズ。
地元福島では絶対に空腹時の選択肢には入りませんが、かく言う自分も
東京で困ったらわざわざ西新宿のデニーズに行くほど信頼しとります。
禁煙席がなかなか空かずに暫く待たされた後での着席なので
 若干ゴキゲンな娘達。ピントが合ってないのは躍動感って事でお願い致します。笑。
20170805 06


今回は新作Tシャツは買おうと思っていましたが
入り口で同じデザインの缶バッジを独り1個ずつ配っていたので満足しちゃいました。
16:00過ぎに会場に入りました。
そう言えば入り口でスタッフさんに「ご家族の写真を撮らせて欲しい」と言われて快諾。
ライブ中にステージのスクリーンに映したいのだそうで。
結局我が家は映りませんでしたがね。(虚無)
20170805 07


開演前のステージを。
この距離感でべっぴんさん二人の足元かぶりつきというのはまさに至高の空間です。
そして憧れの唄姫である石垣優さんを独り占め出来ますので。(周りみんなそう思ってるんでしょうね)
20170805 08


梨生さんの産休明けの初ホールライブなので
構成は曲中心で、しかもやなわらばー王道系で満足しないわけがありません。
毎年エスカレートしていたコント系も流石に去年はもういいや、曲演って下さい。
と思いながら見ていたので今年は物販販促動画に集約されていてまぁ許容範囲。
新曲も交えて久々の「圧巻」と言える唄のパフォーマンスを堪能して来ました。
終演後、ロビーで足跡を刻み中の娘達。
20170805 09


楽しみにしていた終演後のハイタッチ会。
もちろんありました。
ただ「最前列の方からどうぞ」でバタバタと廊下に向かうと、すぐそこに二人が待ち構えている
という何の空想の余地も無い空間配置でいきなりニコニコっとパチンパチンでおしまい。
顔は覚えてもらっているはずなので笑みを交わせればそれで良いんですけどね。
20170805 10


やな友であるおねぎさんとは開演前に一瞬だけ握手を交わして、
あとはハイタッチ会からの流れで押し出されて会えず仕舞い。
どこかでゆっくり話す機会も必要ですね~。


そんなこんなで2時間半のライブを堪能し、20:20東京発の新幹線の
自由席に滑り込んで22時に福島に帰って来ました。
自分の体調的にはちょっと無謀だったかも知れないけど、
命懸けのライブ行脚というのもありだな、と思いました。

category: やなわらばー

thread: やなわらばー - janre: 音楽

tb: 0   cm: 4

△top

0804 ややや!やな祭り2017(神席神話継続中) 

 


やなわらばーカテゴリーの日記を書くのは随分と久しぶりです。
体調を崩してバタバタしていたら、何と恒例のやな祭りが1日後に迫っていたという・・・唖然。


もちろん参加の準備に抜かりはありません。
埼玉支部の消滅で宿泊が出来なくなった事で
今までのようなついでのツアーを組んで、というわけにはいきませんが、
何と家族全員「行きたい」との事だったのでチケットはとっとと確保済み。

自分自身は、参加については意外と微妙な気持ちだったんですがね。
梨生さんが育児休職を取っていた事情からの復帰ライブになる事は嬉しいけど
去年あちこちのやなわらBARで披露された新曲についてはアルバムがリリースされていない事、
そして何より行って帰ってのトンボ帰りの味気なさが・・・(埼玉支部消滅が一番響いているのが
何故か父親だという)。
20170803 01


時間を少し巻戻して、7月16日。
我がじむにー号の納車日の翌日でした。
はじめてのおつかいがやなわらばーのチケット発券。
そして雨の走行も初めてでした。
20170803 02


2015年6月以降のやなわらばーワンマンのホールライブが全て最前列という
神席配給の神話があって、去年のやな祭りはプレッシャーから発券してもすぐに見れなかった
なんて事もありました。
お陰様でだいぶ大人になったので(笑)今年はプレッシャーを感じ始める前に
じむにー号の助手席で広げて席番号をチェック。
20170803 03


流石にコレを見て家族Lineで報告を入れた時は手がプルプル来てました。
やはり石垣優さんと赤い糸が繋がっているのは自分なのだと思い出しました。(断言)
20170803 04
さておき、この4日前に総合病院でCOPDの疑いありと診断されていて体調も絶不調だったので
やな友であるNさんには「最前列ゲットの見返りに死期迫る。」と連絡を入れてます。



やな祭りの会場は品川インターシティホール。16:00開場。
当日朝の高速バスに乗ってバスタ新宿へ14:30に入って移動します。
帰りも安上がりな夜行バスを考えたんですが、文字通り翌日の朝福島に着くパターンなので
現実的じゃないなーと却下。
開演が17:00なので20:00過ぎには終わるだろう、と
帰りは時間をお金で買います。(その日のうちに帰って来れる新幹線。)


なんせ去年は10回近くライブで関東に遠征していますから
我ながらよく資金が続いたな、と驚いています。当然その分他に回す余裕は無かったですが。
今年は「他に回す」事を優先させなきゃならないじむにー的な事情があるので
セーブの年です。
それでもTシャツぐらいは買いたいぞ、と言いたいだけですが何か?
20170803 05

category: やなわらばー

thread: やなわらばー - janre: 音楽

tb: 0   cm: 4

△top