PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

0618 Ninja400R 操れなかった原因判明 

 


先週6月9日の平日の猪苗代~裏磐梯ツーで
「上手くバイクを操れなかった」と書いていました。
↓当日小休止中の猪苗代 戸ノ口の十六橋水門脇にて。
20170618 00


ただ、思い当たる節がひとつあって恐らく100%間違いないだろうと
さっき確認しました。・・・もっとも自分のライテクも無きに等しいのは変りませんけど。
当日の出発前にタイヤの潰れ方が大きいと判っていながら気にしなかったんですよね。


まず後輪から。
20170618 01

規定2.5に対して何と1.6
20170618 02

前輪。
20170618 03

規定2.25に対して何と0.6
20170618 04



この値だと何がどれぐらいやばいのかは分かりませんが
間違いなく危険な状態で200kmの距離を走って来た事になります。
レークラインのワインディングで後輪がぐにゃぁ~とスライドした事を思い出して
原因に思い当たったワケです。これじゃぁ運転操作以前の問題ですわな~。反省。

ひとつ言い訳すると空気圧ゲージ兼エアー充填機はえすてぃ魔純正品で
積み込んだまま暫く修理工場に預けていたので今日まで確認出来なかった次第です。


規定プラスαまで空気を充填してTOP GUN ROAD経由でプチワインディングを走って来ました。
20170618 05

体感レベルでぐにゃぐにゃ感は払拭。
気持ち足付き性が悪くなったかな?(笑・・・い事じゃないですね。)
考えてみれば購入以来一度も空気圧は確認もメンテもした事が無かったな。
去年車検を通しているのでこの1年で一気に抜けたって事なんでしょう。
20170618 06

肌寒いので、ちょっとバイクを離れて写真を撮って戻ると
熱源に虫が寄って来るのはデフォです。
少し気持ちが分かるので邪険に払ったりはしません。
20170618 07


帰宅。
写真で見比べてもビフォー・アフターの違いは分からないですが
知らずシャコタン仕様の危険なNinja号で走り回っていたという顛末でした。猛省中です。
20170618 08


category: Ninja400R

thread: Ninja400R - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

0609 Ninja400R 2017初ツー 新緑の猪苗代~裏磐梯 

 


平日金曜日の会社の休業日、ときたら普段出来ない事を実行するチャンス。
先週から天気予報とにらめっこして虎視眈々と狙っていました。
そしてピンポイントの快晴の当たり日!

今回は今年初のNinja号での土湯峠越えであり、新しい相棒Nikon D5300の
晴天フィールドのデビュー戦でもあります。
気合いを入れてガソリンを満タンにして戦闘準備完了。9:00に家を出発しました。

ちなみにシートバッグのMFK-100には温泉タオル1枚しか入ってません。
本来1~2泊の容量ですが使い勝手がいいので短距離でも装着するのがデフォです。


30℃越えの予報に装着ジャケットは一瞬悩みました。
ただそれほど酷暑になるとは思えない空気の匂いからSimpsonのフェイクレザーを選択。
これが大正解でした。土湯トンネルの寒いこと寒いこと・・・。

9:40に川桁に無事到着です。標高の高い猪苗代町でも流石に平野部は暖かい。
逆さ磐梯山にご挨拶中。
20170609_094100.jpg
20170609_094436.jpg


猪苗代スキー場から緑の村へ横にトラバースする小路の存在は以前から知ってましたが
今回初めてお試しで乗り入れてみました。
一旦県道7号に降りてまた登るより遥かに瞬間移動が可能です。猪苗代湖とご対面。
20170609_101724.jpg

新緑が目に眩しい・・・。
20170609_101944.jpg


10:30。定点休憩ポイントの長浜に到着。
定期点検で陸揚げされてドック入り中のかめ丸君が居ないのは知ってましたが
はくちょう丸君はお仕事中で桟橋は空っぽでした。
20170609_104047.jpg

その代わり(?)隣のビーチには6羽の白鳥がまだ悠々と群れています。
怪我で帰りそびれたんでしょうかね?
暫くレンズを覗き込んで彼らを追いかけて観察しておりました。
20170609_103950.jpg

視線を感じる、と言うんでしょうか?
ふと気配を感じて沖を見てカメラをポロリするところでした。
どこから現れたのかこちらに向かって真っ直ぐ帰港中。
自分の中ではゆるキャラ認定のはくちょう丸君の本気モードを肌で感じた瞬間です。
20170609_104735.jpg


11:00。
冬の間Google Mapのストリートビューで何度もシミュレーションしていた
Ninja号では初の猪苗代湖対岸ルートに来ました。湖越しの磐梯山の写真を撮るミッションです。
20170609_110105.jpg

猪苗代湖の東岸から北岸へかけてはこんな風に湖水のすぐ脇を走れるんだけど
獣道の進化バージョンっぽい県道なのでスピードを出す事はご法度。
この道脇の雑草がネックでどこでもこのビューが見れるわけではないですが
ここはエンジンを切ってのゆったりタイムが満喫出来ます。
20170609_110810.jpg

自分的には映り込みを嫌う標識類もオブジェっぽく撮り込んでみました。
20170609_112043.jpg

湖水、綺麗です。もっと暑けりゃダイブしますね間違いなく。(バイクは置いて)
自分は前世の祟りか深い水溜まり(ダムとか沼とか)が苦手で足が竦んでしまいますが
唯一猪苗代湖だけは免疫があります。赤ん坊の時から水浴びしていたという信頼感かな。
20170609_112902.jpg


およその北東岸のビューポイントは把握したので引き返して脇道へ。父親の生家脇の十六橋。
繰り返し書いていますが幼少期からこの一帯を遊び場として育ったようなものですから
自分のルーツの在り処。パワースポットですな。
20170609_120601.jpg

他所でこんなロケーションの光景を見たら間違いなく足が竦んで倒れますwww
「帰って来た」という安心感しかここでは感じません。
20170609 01


丁度お昼どき。
一旦猪苗代町方面に引き返して世界のガラス館(猪苗代地ビール館)内にある麺やさんへ。
ひょいとスクーターで台湾一周ツーを敢行してしまうマスターを最近師匠と呼ばせていただいてます。
ラーメンの写真は上手く撮れていなかったので割愛しますが酪王カフェオレソフトは初食撮影。
20170609 02
以前なら食事なしで昼には帰宅する文字通りの朝駆けツーを専門にしていましたが
齢を重ねて徐々に熟成されて来たんでしょう。(←おい)徐々に出先の食事に関心が向いて来ました。
しかも平日で混雑も無いし、やりたい事をやるにはうってつけですからね。


ここまで全くのオンタイムで予定通りの行程です。
食事の後は県道7号を西進して喜多方方面へ向かいました。
去年の8月に「必ずNinja号で来る。」と誓った場所です。

と、去年えすてぃ魔号で走りながら当たりを付けていた一帯が
予測通りの蕎麦畑パラダイスと化していて狂喜しました。
遠景に飯豊連峰、喜多方(会津)盆地を見ての好ロケーション!
20170609_134549.jpg

立ちゴケしそうになりながらも脇道という脇道に入り込んで悦に入る。
なお未だにスパッとUターン出来ませんが何か?独りなので問題ないです両足ズリズリで。
20170609_134646.jpg


14:00。思う存分の道草に満足しながら恋人坂に到着。
最近注目を集めている場所ですから割とバタバタと落ち着かない気分でササッと撮影。
20170609_140441.jpg


もちろんギアはローに入れてバイクに置き去りにされる事案は防御しています。
それにしても開放感溢れる素敵なロケーションですね~。
他に撮影者は居なかったものの通り過ぎるクルマからの視線が気になって
パノラマ写真を撮り忘れました。
20170609_140430.jpg


14:30。
喜多方から裏磐梯に駆け上がるR459でやって来たのがココ。ラビスパ裏磐梯。
出来た当初から気にはなっていたものの混雑が嫌で来た事がない
日帰り専門のプールと温泉の複合施設です。レストランも土日祝日しか開きませんが
だからこそ平日は狙い目、とずっとチャンスを伺っていた場所です。
20170609_151617.jpg

ちょうど喜多方~裏磐梯の峠にあるので吹き抜ける風が心地良い。
飯豊連峰が綺麗に見えるロケーションはなかなかのものです。
20170609_151605.jpg


入館。フロントで\520を支払って風呂に突撃します。
実はSNSで相互フォロー中。この日の出撃のツイートに「いいね」をいただいていたので
行動を読まれたか?なんてニヤリとしつつの初の訪問でした。
20170609 03


狙い通り他に客は無し(男湯には)。
夢にまで見た一人旅での露天風呂は期待通りの賜物でした。
そんなわけでメモリアルの右足
20170609 04


そして左足
もちろんはしゃぐのはここまで。一応良識ある大人ですので。
「温泉いきてぇぇぇ」と日々思いながら、いざ行くといつも10分足らずであがって来る
自分ですが、いまだに関節炎がゴリゴリ痛い右手親指の付け根を丹念に揉みほぐしたり
腰をゆっくり回したり、頑張って30分は内湯と行ったり来たりして修行して来ました。
20170609 05

温泉でぐったりしちゃうのかな?なんて一抹の不安はあったものの
この30分で劇的に体力が回復。頭もシャキッとして帰路のエネルギーが充填されました。


裏磐梯からレークラインを経由してノンストップ約1時間で16:40に無事帰福。
正直言って8ヶ月ぶりのライディングだったのでレークラインのワインディングでは
運転は滅茶苦茶でした。今思うに下半身を全く使わず腕の押さえ込みだけの・・・。
感覚を戻す為には更に乗り込むしかないですね~。
エンジンを切った瞬間から耳鳴りがキーンと来る感覚が妙に懐かしく感じました。
20170609_162909.jpg


実は無事でもなかったというオチ。
家の鍵を持って出るのを忘れた、というか家内も長女も休みだったので
誰かは居るだろうと思っていたんですが、帰宅したら誰もおらず家に入れない事案が発生。
家族LineにSOSを投稿する羽目に陥りました。
↓仕事終わりの次女から嘲笑をいただく。
20170609 06

category: Ninja400R

thread: Ninja400R - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 6

△top

0603 Ninja400R始動 

 


今朝はお腹の調子もだいぶ落ち着いてのお目覚め。
次女が出勤でクルマの入れ替えミッションがあるのでいつも通りの6:30起床。
そして遂に陽射しが来ました。



カメラ片手にほぼ咲き揃って来たアンジェラをあれこれシューティングしてます。
思ったようなイメージの写真が撮れずにウロウロしているだけですが。
20170603_084105.jpg
20170603_084722.jpg



やれ腰だ、胃だ、関節炎だ、と気になる事ばかりで
いつもカバーを掛けっぱなしのNinja号を横目で見ながら4月から悶々としていた自分ですが
昨日ドックも済ませた事だし、全部ひっくるめて腹を据えて今日を今年の始動日と決めていました。
カバーを外したらとんでもなく埃だらけだったNinja号をジャブジャブ水洗い。
20170603_091711.jpg


えっちらおっちらクルマを2台移動させて、ようやくアンジェラとNinja号の2ショット。
20170603_001.jpg


微香性ながら密集して咲くので傍に寄るといい香りがふわ~っと来て
シアワセで穏やかな気持ちになれます。花粉のリスクはありますが。
20170603_093828.jpg


暫く無我の境地に浸ってから始動します。
20170603_093756.jpg


まずはガソリンスタンド・・・と考えていたものの、
アクセル・オンからのシフトアップで気付いたらいつもの周回コースをかっ飛んでました。
そもそもガソリンは去年の9月から残量計でまだバー2本を残したままなので問題はありません。
20170603_103258.jpg


滅多にクルマが来ないTOP GUN ROAD。
落ち着いて写真を撮る事が出来ますココ。
ただ太陽の光が途切れ途切れでなかなか陽射しを捕まえられないのが残念。
20170603_103618.jpg


数えてみると何と8ヶ月振りの走行でしたが
アイドリングも吹け上がりも問題なし、というか絶好調です。
去年9月の猪苗代往復で右手親指の関節炎なるものを抱え込んでしまって
もう乗れないかと思った時期もありましたから、上手く折り合って行けそうな感じに満足です。


帰路、いつもの畑でいつの間にか蕎麦の花が咲いてました。
耕した痕跡が無かったので不思議です。(野良・・・にしては沢山咲いてるな。)
20170603_104207.jpg


帰宅。
今日の走行は多分20kmも走ってないです。
ただマシンも身体も始動出来た事で充分かな?
午後こそガソリンスタンド行きのつもりが急激に崩れた天気(暴風!)に慌てて軒下へ退避。
ホドホドにしとけって事か
20170603 002


あ、次の金曜日は会社が休みなので
今年最初のNinja号での土湯峠越えを目論んでいます。(休みと気付いたのが最近だった。)
随分遅くなっちゃったけど猪苗代湖への年始挨拶~。からのいつもの縁の地への巡礼です。
平日なので独り温泉なんぞもエエな~と今からワクワク中。 ヽ(*^^*)ノ

category: Ninja400R

thread: Ninja400R - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top

0507 さらばArai 

 


9連休の最終日。
この期間は暖かい日が多かったものの連日風が強かったですね。
朝晩はまだまだ冷え込むので冬の気分を引き摺ったまま春を迎えている心境です。


さて、連休中自分に課したミッションは花園復活へ向けた庭の整備。
全て地道な手作業ですが、土に触れている時間は無心になれていいですね。
(虫に遭遇して飛び上がるのも想定内。)

庭では昨日から鈴蘭が咲き始めました。
後ろでボケて写っているのは苺・・・次女が大分前に植えた苗が根を張って
庭のあちこちで毎年実を付けます。主に野鳥用なので食べた事はないですが。
20170507 02


連休中のミッションその2は
和室を占拠している埼玉支部からの引き揚げ荷物の整理・・・のための
昔からある不要なモノの整理整頓。

この家に住み始めた頃からの不動の荷物が満載の物置にも着手していました。
大半が娘達が使っていたもの(プラスチックの橇やらローラーブレードやら)で、
何でもかんでも大事に仕舞ってあるタイムカプセルみたいなものです。
あとはCRXやCivic Type-Rの取り外した純正部品とか、Ninja号のノーマルマフラーとか。

その物置をガサガサやって捨てる決心をしたものの筆頭が
Araiのオフロード用ヘルメット。↓
20170507 01

以前日記に書いた事があるような気もしますが
30歳目前でGPZ400Rを手放して「もうバイクに乗る事はあるまい。」とは思ったものの
キャンプツーリングに憧れてYAMAHAのSEROW225を30歳の誕生日記念に買った時に
それらしいヘルメットも必要!と家内を騙して買ったものです。
ゴーグルを掛けてその辺をトコトコ走ってましたっけ・・・・・。

直後に家内の妊娠が判って親類縁者からのバイク自粛指令の空気に負けて
僅か走行700kmで10年間も軒先で放置する羽目になりましたが。
(このSEROWは自分の中での黒歴史です。天寿を全うさせてやらなかった。)


このArai。流石に20年も経つと内側のクッションスポンジはボロボロで
手に持っただけでポロポロ落ちてくるので今回思い切って捨てました。
共に走った時間は僅かでしたが共に暮らした時間だけは長かった、という
部分での思い入れですな。(考えてみれば娘達と同じ歳だ。笑)

category: バイク

thread: 自動車、バイク - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

0407 Kawasaki Estrellaとご対面 

 


今日書く日記の内容は全て4月5日の出来事です。
この日は福島市で最高気温22℃を記録した暖かい日でした。

その一昨日の日記では、週明けから胃の調子が悪かったものの
「今日はちょっと調子が良い」と書いていますが
そのわけはこれ↓です。会社帰りに行きつけの胃腸科に行って胃薬をもらって来ていました。
20170405 01

いわゆる消化不良ってヤツですな。
まだ食べるとおかしくなるのは若干続いていますが、症状は劇的に好転しました。
普通にお腹が空いて普通に食べられる事がこんなに幸せな事だったんだと思い知りました。


帰宅して久し振りに見えた吾妻山の定点撮影を。
寒くないっていいですね~。
胃の心配が半減した安堵もあって暫くこの風景に見とれておりました。 (17:52撮影)
20170405 02



その30分後。
次女をピックアップして帰宅した家内のえすてぃ魔号の音が聞こえたと思った時に
異質なエンジン音が混じっているのに気付きました。(自慢じゃないが音の聞き分けには自信あり。)
「とーちゃーん!」と家内に呼ばれて外に出ると、
20170405 03


義弟が去年の秋に中古で買ったと聞いていたエストレヤ号と初のご対面を果たしました。
仕事の合間に娘(姪っ子)をタンデムシートに乗せてお披露目に来てくれました。


先日買ったばかりのSUZUKI Lapinを見せに来てくれた姪っ子。
普通自動二輪免許も持っているので、「あれ?お前がお父さんを乗せて来たのか?」と思わず聞いたら
「おじちゃん、私○○だよ。」と大爆笑されました。←中学生の妹っ子の方だった。そっくりなもので。www
20170405 04


「買ったのはいいけどポンコツなんだ。」と去年聞いた時は笑っていた義弟ですが、
徹底的に磨き上げてピカピカのツルツルに仕上げています。
知識でも実践でも自分を遥かに凌ぐクルマ好きの彼なので、らしいなぁ~と思わず微笑んでおりました。
20170405 05


跨らせてもらって実に半年振りのクラッチスタート。
「あ、これだ。」 そう、冬眠させていた鉄馬を駆るこの感覚が一気に目覚めました。
パワーは素朴な感じですが小ぶりな車体で足付き性も全く不安なし。
トコトコ走り回るには面白そうなバイクですね。 d(・∀<)
20170405 06



「走んねぇ~(加速しない)と叫びながら帰って行きます。www
でも、親娘お揃いのヘルメットでのタンデムRUN。
その楽しそうな後ろ姿に思わずほっこり。 (*´∀`*)
20170405 07

category: Ninja400R

thread: Ninja400R - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top