PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

1218 Aimer購入 

 


夕べ、土曜の夜だとの安心感と油断から
寝る前に長女秘蔵のチョーヤの梅酒をこそこそ引っ張り出してグビグビっとあおって寝ました。


死ぬかと思いました。


寝てしまえばこっちのもんと思ったのが甘かったですねぇ。
耳の血流の音がライブハウスの爆音レベルで轟々と鳴り響いてうるさいったらありゃしないわ
息苦しくて眠れないわ・・・
おかげで今日は目から下が地面にめり込んでる感覚で一日過ごす羽目に。
以後肝に銘じます。  ┐( ̄ヘ ̄)┌



この休みでちょっと前から気になっていたAimerの曲をやっと単品購入しました。
ほんっとに衝撃的な歌声と素晴らしい曲だと思います。
20161218 01



CDを買わずにダウンロードというのはちょっと味気ない気はするものの、
選りすぐりだけを手に入れるのは理に適ってますね。 
20161218 02


来年のAimerのLive参戦、チャンスがあれば実現させたいと思います。

初夏にはやなわらばーの梨生さんも産休から復帰してくるはずだし・・・・・って、
今から3時間前の「陣痛と格闘中」の呟きを最後にSNSが静まり返っているので
固唾を呑んでおります。

category: 音楽 Japanese

thread: 女性アーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

1210 衝撃のAimer 「everlasting snow」 

 


夕べ長女が録り貯めていたテレビ録画をチェックしているのを目の端っこで見ていて
COUNT DOWN TVで流れた曲に「はっ」となってまるで金縛りに遭ったよう・・・・・

その場ですかさずYouTubeで検索したのがAimer


衝撃的な歌声。
たまにあるこういう偶然の出逢いは嬉しいね。
今の季節にもピッタリな曲ですな。

category: 音楽 Japanese

thread: 女性アーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

1118 癒しのSmall Butter [ Fly me to the moon ] 

 


今月は割といいペースで日記の更新が進んでいるな、と思っていましたが
週明けの筋肉痛も和らいで不本意ながら仕事のペースが上がって荒波に揉まれ出すと
もうアカン状態です。気付いたらもう週末金曜日だったという・・・・・。
道理で時間の経つのがあっと言う間なわけですな。


と、いうわけでぐったりヨレヨレモードの週末は
お気に入りの唄声を聴きながらゆるりとソフトランディングしましょう。


11月5日、福島市民家園の旧広瀬座で行ったわいわい音楽会の動画から
トップバッターでお気に入りのSmall Butterの「Fly me to the moon」。


疲れた身体にアコースティックギターとジャズテイスト溢れる唄声が沁みます。


category: 音楽 Japanese

thread: バンド活動♪ - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

1110 Another Starting Line (Hi-STANDARD) 

 


普段は殆ど聴かない・・・と言うか聞いても滅多に聴くには至らない邦楽パンクROCKですが、
今周波数がピッタンコ合ってリピートしている曲がコレ。
思わずAmazon Digital Musicで単曲購入したほどのお気に入り。

Hi-STANDARDは名前すら知らなかったけど
解り易い歌詞、ストレートなギター&ボーカル、そしてコーラス。
全力のパフォーマンスがいい味出してますわ~。

コピーして全力で演りたい曲です。 d(・∀<)

category: 音楽 Japanese

thread: Rock - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

1027 「蔦がゆれる」 by 別府葉子さん 

 


9月2日にルーテル市ヶ谷ホールで行われた
「別府葉子シャンソンコンサート2016 in 東京」

高速バスと埼玉支部をフルに活用してライブに突撃してからほんの2ヶ月しか経っていないのに
季節は完全に切り替わってしまいましたね~。
あの蒸し暑かった夜が今となっては別世界での出来事のような気がします。

だからこそやはり行きたいと思ったら実際に出掛けて行って
その場の生の空気に触れておくべきだと思います。
季節ギャップを振り返りで実感出来るのも楽しいものです。



さてさて、当日の別府さん(と仲間たち)のパフォーマンスが
高音質高画質でYouTubeに3曲アップされています。 ヽ(*^^*)ノ

この「蔦がゆれる」は別府さん作詞作曲の完全オリジナル。
イントロのピアノからぐぐぐっと魅き込まれる素敵な曲。




芯がありながら空間を浮遊する感覚が心地良い歌声。
普段馴染みの無いシャンソンという括りで先入観だけで身構えてはいけない、
と思い知りました。

自分がギターに急速にのめり込んだのは中学生の時にテレビで小椋佳さんの
NHKホールでの初コンサートを観て衝撃を受けた事がきっかけですが、
この曲を聴いてあの時の感動が一気にフラッシュバックして胸が熱くなりました。


*ステージ全景の引きの絵も素敵ですね。
とりあえず自分の頭が写っているのを確認して独り満足しています。 ヾ(・ω・o) ォィォィ

category: 音楽 Japanese

thread: 女性アーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top