PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

0419 桜の満開日 

 


自宅周辺の桜が一斉に咲き出したのが先週の金曜日。
ちらほらと散り始めたのが昨日。
って事は正に今が満開の臨界点になります。

とは言ってもここ数日の朝晩は寒くてまた温風ヒーターがフル稼働しているほどなので
なかなか穏やかな気温の中桜を眺める事が出来ていないのが残念です。


見た目でもみしっと咲き揃う様子は今日が満開日だと気付かされます。
出勤途中の陸自駐屯地裏でクルマを小刻みに停めながら順繰りにスマホで撮影。
20170419 01


思いっきり電柱が入り込んでいるのはご愛嬌。
いくら他にクルマが居なくてもいちいちバックして撮影してたら挙動不審者だし・・・(よりによって自衛隊前)
20170419 02


毎年この風景を撮りにNinja号の初乗りに合わせて土日にゆっくり来るんですが
週末には桜は終わっているんだろうな、と半ば諦めの境地です。
(胃やら手首の関節やら、まだ未解決の不調も引き摺ったままだし・・・)
20170419 03


ひと山越えたプチ桃源郷でもクルマを停めて撮影しています。
ここは4年前のNinja号の初乗り以来必ず春の始動で来るところ。
長女を騙してタンデムでここまで走って来たのもいい思い出です。www
20170419 04


それはそうと、
今朝の穏やかな天気からは想像もつかない暴風の天気予報を見て
鼻でせせら笑っての出勤でしたが、日中突然吹き荒れ始めた風にはびっくりでした。
春の嵐では以前Ninja号が倒れかけてチェーンロック1本で柱にぶら下がっていた事が脳裏をよぎります。
でも帰宅して真っ先にバイクをチェックしたら無事でした。
・・・こんな事もあろうかとなるべく真西を向くように留めておいた先見の明ですね。 d(・∀<)

でも、ホッとして家に入りかけて一瞬視界の隅に映った光景に固まりました。













20170419 05


ウチのブランコが「すまん、堪え切れんかった。」と申しておりました。
(折れも割れも無かったので無問題。風が止んだら戻します。)

category: 風景

thread: 風景写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 4

△top

0414 桜咲く@自宅庭 

 


今朝の福島市の7:00の気温は4℃。
調べてみると4:00で1.5℃ですから相変わらず寒~いです。

まだかな?と桜の様子を見に行くと↓こんな感じでなかなか咲きませんね。
20170414 01


とは言え陽射しは暖かいし週末でもあるし、ゆったりと写真を撮る余裕も出ます。
20170414 02



午前中はこの季節特有の冷たい風が吹いていましたが
午後になると有り得ないほどの空気の暖かさ。
会社の桜も午後に一斉に開花し始めたので、気になって仕事終わりでダッシュで帰宅。
時刻は17:50。

咲いてました。 (*´∀`*)
20170414 05


この毎年の自宅の庭の桜の開花確認は
長くて厳しい冬の緊張感を一気に解き放つ大切な通過儀礼になっています。
心地良い脱力感ですな~。 (´ー`)y-~~


自宅を目指してムーヴ号を飛ばしながら追いかけていた夕陽が
吾妻山に沈む瞬間は逃したものの(桜の木に張り付いてました)、
久し振りに穏やかな夕焼けを見た気がします。
20170414 03


雪うさぎが本来の輪郭を現し始めました。
耳と目と前足・・・これもまた冬の終わりを告げる我が里山の象徴です。
幼少期からこれを見て育って来ていますから思い入れも相当なものです。
20170414 04


と、いう事で
明日は鋭意、春の恒例行事であるクルマ達のタイヤ交換です。
↑逃げ場が無いくせにジタバタする。

category: 風景

thread: 風景写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

△top

0413 開花間近 

 


寒の戻りで冷たい風が突き刺さる福島です。
市内では桜の開花情報が飛び交っていますが、自宅周辺ではまだ開花待ち。


でもさすがに庭や隣の小学校の校庭の桜は木全体がぼわっとピンク色に膨張して来ました。
今朝の自宅の庭の主(ぬし)の様子です。
20170413 01


背景の青空があってこそ映える桜色ですね。
朝から空気も暖まって気分も体調も上昇します。←相変わらず変温動物です。
20170413 02


胃の不調は若干回復気味で来ているものの、昨日はどうしても身体が重くて
午後休暇にして帰って来てコタツで横になっていたんですよね。
そのおかげか今朝はだいぶマシにはなりました。


なのでまた出勤途中でクルマを停めて吾妻小富士にご挨拶。
真っ白だった山体もいつの間にか雪渓に変りつつあって
右斜面に雪うさぎの輪郭が浮き上がって来ています。
20170413 03


尚天気が良かったのは朝だけで、日中は時折雨がパラついて晴れたり曇ったりの寒い1日でした。
スカイラインは吹雪でまた通行止めになってましたね。
それでも、週末はタイヤ交換を敢行する予定です。3台分。 
・・・家族に工賃請求しようかな?

category: 風景

thread: 風景写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

△top

0327 なごり雪@福島 

 


これは週明け月曜日:3月27日の日記です。
土曜から日曜にかけて埼玉で怒涛の力仕事をこなした上に往復600kmを運転してますので
自分の体力からして会社に行くなんて自殺行為ですが、
身体のあちこちは痛かったものの不思議と筋肉痛は無かったんですよね~。
麻痺していただけかも知れませんが。(今日水曜まで症状出ず。)


土曜日に埼玉で満開の菜の花畑を見て一瞬だけ春を感じて来ました。
そして月曜の朝はの福島。このギャップが粋です。
ただご覧いただける通り自宅周りは1cm程度のシャーベット。
20170327 01


近所の花木畑も満開未遂のような中途半端な姿です。
道路に雪はありません。
20170327 03


この程度なら何も心配は要りません。
幼少期から雨の日には率先して水たまりに突撃して来た性癖は既に熟成の域に達しています。
シャーベットを跳ね飛ばす感覚が楽しい出勤です。←対向車には勿論気を使います。
20170327 04


ところが、移動につれて辺りの様子がガラッと変りました。真っ白の世界。
会社方面は距離にして約20km離れています。
標高は自宅周辺と変らないので局地的に降ったんでしょうね
20170327 05


轍を逸れると途端にハンドルを持っていかれるので流石に怖いです。
ここまでかの名曲「なごり雪」を口ずさみながらのお気楽運転が急に真剣勝負に変ります。
でも景色は良いですね。
20170327 06


会社の駐車場に到着。
この辺りは水分をたっぷり含んだ15cmの積雪。足を踏み出すと脛まで埋まるレベルです。
フロントスポイラーが分解間近のムーヴ号ですので慎重に停車線の中にアプローチしました。
20170327 07


日中。
喫煙所の庇の下でセキレイ君と同席。 (*´∇`*)
いつも夫婦でこの辺りを歩き回っているお馴染みさんです。 
20170327 08


最初に書いた通り倒れるどころか残業までこなしての帰宅前。時刻は20:00です。
(実は腰が張って意識が朦朧として来たのでテンパッて退散して来ました)
雪が雨に変ったので会社の駐車場の残雪はモナカの皮だけの状態になっています。
20170327 09

これが1月や2月の厳冬期なら帰りはガチガチの氷上ドリフト大会になりますが、
この日のパターンは間違いなく春の一歩手前。
毎年同じような事を言ってますけど、間もなくです。


----------------------------------------------------------------------------------
尚、明日30日は休暇を取りました。
先日申請した次女の栄養士免許証が出来たと連絡が来ました。
保健所に取りに行くだけなのでもともと半日休暇で今日行く予定でしたが、

次女がいよいよ明日福島に帰って来ます。
銀行に口座開設に行き、就職先に書類を提出しに行かなきゃならないのに
我が家のクルマは全て出払っているので休暇をずらして明日自分が丸一日連れ回します。

アッチでもコッチでも結局フル回転せざるを得ない運命・・・・・。
でもたぶん最後の子育ての一環なんでしょう。
そう思えばいくらでも回転出来ますよ。 d(・∀<)




category: 風景

thread: 風景写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 2

△top

0323 寒~い。 

 


夕べはみぞれ混じりの雨が降っていました。
冷え込みが厳しいので今朝は久し振りの積雪も覚悟していましたが・・・

何とか積雪も凍結もなし。
通勤途中の近所の蕎麦畑の向かいにある紅梅がいよいよやる気を出して来たところに
寒気のカウンターパンチってとこです。
20170323 01
ちなみにこの花木畑は去年は1月から開花してびっくりしていましたが
今年はフライングは思い止まった模様。


近くの低い山々が着雪で白くなっているので
周りの景色を見ている限り一旦真冬に逆戻りです。
20170323 02


自分の通勤ルートは下の写真の陸自裏のTOP GUN ROADから一旦西へ向かい、
突き当たりに見える金剛山の麓から左に反転して山沿いを突撃します。
あと2週間でこの道沿いが花木で彩られるのが楽しみですが、
この寒さではそんな日が来るなんてまだまだ信じられないですね。 (´~`)
20170323 03

category: 風景

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

△top