PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

0529 恒例の1泊2日の埼玉移住 

 


今年で4回目になった次女の大学の学園祭・・・にかこつけた埼玉支部滞在。
昨日土曜から今日まで行って来ました。
今まで北関東道~関越道で300km3時間だった車での移動も
去年開通した圏央道で260km2.5時間へ大幅に短縮されて気分的にも快適でした。

次女ももう4年生なので学園祭の催しには既にノータッチ。
なのに家内が保護者会のテント販売の手伝いを土曜の午後丸々引き受けてしまった事、
加えて長女は水曜から先に埼玉に入っていて、夕べは友達も入れて部屋で3人で
明け方まで盛り上がっていたため起床は昼過ぎ。

家内と二人で10:00過ぎには学校に着いたので
二人で一通り学内の散策と買い食いをすませてはいました。
そんなわけで午後いちのこの時間は自分ひとりがぽつんとキャンパス内に・・・・

なんてこれは願ったり叶ったりの事態。
これも毎年恒例になった「家族を泳がせている間の昼寝タイム」です。
この木の前のベンチが定番のウトウト場所です。
20160528 01


ちょっと雲が多めで日陰は時として寒く感じるほどでしたが
非力なVitz号で高速道路を走ってきた気疲れから丸々1時間熟睡しました。
はっと気付くと地平線がナナメになっている事多数。←平和だね。
20160528 02


へい。お嬢様達到着。
20160528 03
って、違った。
誰?


13:00過ぎにお嬢様達登場。
20160528 05


3人で東京まで遠征する計画もあったんですが、
寝不足で眠いとおっしゃるので家内が解放される夕方まで支部でゴロゴロしている事で合意。
このあたりは流石に自分の娘だな、と感心している場合ですコレ。


その前に、恒例の時空越えポイントでの記念撮影は抜かりなく。

2012年・・・高校3年生の時のオープンキャンパス
2012.jpg

2013年・・・入学して二ヶ月目。
2013.jpg
↑真ん中が次女。独り暮らしを始めていきなり痩せてしまってびっくり。
  案の定この一ヶ月後に胃痙攣で救急搬送された事が今となっては懐かしい出来事です。

2015年・・・2014年はこの場所で写真を撮らなかった事が悔やまれます。
2015.jpg
↑つい去年の事ですが、次女は3年生。長女は社会人1年生。

2016年・・・今回で最後になります。(の、予定。卒業出来るんだろうな?)
2016.jpg
↑双子の並び順固定の法則とお決まりのピースサイン。
  コチラ目線でいつも次女が左側に来るんだな。(汗)。


この日は家内が夕方5時にはあがってきたので
定番のイタリアンのピザ食べ放題に行ったり、業務スーパーに買い出しに行ったり、
ほぼ毎年恒例の手順を踏んで一日が終わりました。

クルマはトラブル事前回避のためにアパートには停めず
去年までは1.3km離れた駅近くのコイン駐車場を真面目に使ってますが、
何と今年は700mのところに4台分だけのパーキングが出来たのでそちらを使用。
ウォーキングのつもりで独りでせっせと歩きました。これはこれでOK。


ちなみに今回は我々夫婦の結婚記念日(5/27)のお祝いに、と
ガトーショコラを作って待ち構えておりました。
20160528 06
写真は巨匠作品。
常に厳しい批評家である父親ではありますが、ガトーショコラは既に安定の味を
出せるようになったっぽいです。写真は相変わらずのコダワリですな。


明けて今日は川越まで電車でお出掛け。
20160528 07


女性陣の目当ては古着屋。ここ1年ほど通ってます。
川越のクレアモールを闊歩中。今日は陽射しが強烈でした。
同じ人混みでも東京のそれと比べると殺気立っていない、ってとこが妙に好きです。
20160528 08


14:30に圏央道に乗って
ひたすら走行車線走行に徹して17:15に福島に無事帰還しました。
八分咲きのアンジェラが出迎えてくれました。ホッとしますね。
20160528 09


category: Twins

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 4

△top

0527 「ゆくい」 やなわらBAR Vol.12@仙台 歌唱動画 

 


密かに期待していた22日の仙台BARのオフィシャル歌唱動画が今日アップされました。

ライブレポに書いた、梨生さんが涙を堪えての「ゆくい」。まさにその曲です。

この曲で自分が今でも忘れられないのが
震災の直後にネットで見たインターネットライブ。
曲だけのアップだったので何の番組かは分からなかったけど震災追悼だったと思います。
(確か背後に手で作ったハートマークの写真が無数に貼ってあった)
ふたりの表情が沈痛で本当に悲しそうだった。

↑その時の自分はそう感じたって事です。

最近は特にふたりともこの曲への想い入れがあるようで
「今日来て下さった皆さんへ贈ります・・・」と前置きして唄う事が多いですね。
時に応じて鎮魂だったり癒しだったり。やはり音楽は深い世界だと思います。





後ろ姿で写っている長女が「ぴくり」とも動かずに居るので
ここだけ写真が貼ってあるんじゃないかとまじまじと見てしまいます。(笑)

早速家族Lineで動画を共有した時の本人の談。
至極真っ当な事を言っておりますな。
20160527.jpg

長女の左脇で同じく熱視線を送る父親の姿はすっぱり潔く見切れています。
でも、確かにそこに居た事は自分がよく分かっているので無問題です。 d(・∀<)

(それにしてもあまりに潔く綺麗にカットされ過ぎじゃないか?)←黙りなさい。

category: やなわらばー

thread: やなわらばー - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

△top

0525 「アップグレードしています。 (^▽^)/」  

 


昨夜、というか日付が変った直後なので今日の1:00過ぎ。
テーブルの向こう側で長女のパソコンを借りて何やら作業をしていた家内です。
家内と長女の会話を聞くとはなしに聞いていました。

家内 「何だかわかんない画面が出てきた。」
長女 「ん~、放っておいていいんじゃない?」

既に眠くて意識朦朧としていた自分がキッチンに移動して
何の気なしにカウンター越しに長女のパソコンを覗き込んだところ・・・


20160525 01


これ以上はないってぐらい眠気が吹き飛びました


真っ先に写真を撮るあたりはさすがにネタを捜し求めてやまないブログ書きですな。笑。



金縛りに遭いながら画面を見ていると順調に進行しているみたいです。
・・・・・・って、感心している場合じゃないわ。
20160525 02


タダでさえ動きが少し怪しくなってきた長女のパソコンです。
これでWindows10になんてアップグレードしたらどうなるかわかったもんじゃないので
電源ボタン「ブチっ」で強制終了。
再起動したら「前のバージョンで再構成中」表示が暫く出たあと
Windows7で無事再起動しました。

自分のパソコンは勝手にアップグレードしないようにかなり以前にブロックしていたんです。
ただ長女のパソコンまでは頭が回らなかった。
Windows10が嫌なわけじゃなくて、その強制的なアップグレードの姿勢が
気に入らないだけですが。


ふと一緒に買った同じパソコンがもう1台ある事を思い出して背筋が寒くなりました。
現在埼玉支部でフル稼働中です。

(次女のパソコンはGW直前にハードディスクが逝って起動しなくなって3万円で修理したばかり。
 データ吸出しに成功してハードディスク入れ換えです。
 修理ショップでは次女の写真データの膨大さにビビッて
 内臓ハードディスクを500GBから2TBに換装してくれたそうな。
 容量あるから勝手にアップグレードされても大丈夫かな。。)

category: 日記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

0524 マウス逝く。マウス廃棄。マウス購入。 

 


今日は会社帰りに真っ直ぐコジマに寄って
久し振りに自分のための買い物をして来ました。


ELECOMのブルーレーザーマウス。Lサイズ。
20160524 01


おや?
今年の記念すべき買い初めにマウスを新調した記事を1月2日に書いたばかりなんだが・・・・・。
↓コレ。
20160102 03


実はこのiBUFFALOが割と挙動不審で
無線リンクが時々切れてポインタがフリーズしたり、ちょっと横にスライドさせると勝手に「戻る」動作になって
書きかけのブログ記事を吹っ飛ばしたり。多少イライラしながら使って来ていました。

そして遂に日曜日(やなわらBARの日)の昼前にレーザーの出力がこと切れました。 (´д`)


とりあえず断線とか、目視でわかんないだろうか?と
ドライバーとプライヤーでバラしてはみたものの・・・・・
僅か4ヶ月の使用なので基盤周りは新品同様で断線や抜けも見当たらず。
20160524 03

東北住み江戸っ子の本領発揮でケースを無理矢理こじ開けたら
どこからかプラスチックの破片が湧いてきたり・・・・・。
こりゃぁアカンとこの写真を最期の記念に即燃えないゴミの箱に叩き込みました。


たまたまハズレを引いたんだろうとは思いますが
少なくともiBUFFALOはもう使いたくないのでELECOMに期待する事にした次第です。
尚Amazonポチは例の送料の件が気に入らないのでコジマ実店舗です。
お値段は\2,980。長年財布の中で寝ていた商品券を投入して持ち出しは\980に抑制。
20160524 02


まぁ、だから何だ?という類の記事ですけどね。
久し振りに無機質な被写体の写真を貼りたい衝動に駆られました。  (´ー`)y-~~

category: 日常

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

0522 やなわらBAR Vol.12@仙台 行ってきました。 

 

5月22日(日)、昨日の事です。
やなわらばーのBARシリーズLive第12弾の仙台に向かいます。


移動手段は自分は緊縮財政につき在来線を考えていたものの・・・

新幹線  所要時間20分 料金\3,160
在来線  所要時間80分 料金\1,320
高速バス所要時間90分 料金\1,100

急遽参加の長女が常にコスト最優先徹底という事もあって急激に浮上した高速バスを使いました。
福島県庁前の高速バス停留所。16:09発。
(県庁の裏手に家内が通勤で借りている駐車場があるのでクルマを置いて。)
20160522 06

生まれて初めて高速バスなるものを使ってみたけど、
福島-仙台間は予約不要、前売りチケット不要で簡単でいいじゃん、と思っていたら
まさかの補助席フル動員のすし詰め満員御礼。高速乗り合いバスなのね。
かろうじて座れたから良かったものの、あの密集はもうゴメンですね。
二度と使う事はないでしょう。

 *クルマなら仙台まで1時間。一番お気楽なのは分かってますけど、
  疲れて帰って来るのに嫌いな高速道路の運転とかあり得ないです。

きっかり90分で仙台到着。
今回のLive会場まで歩いて1分の広瀬通り一番町バス停で降りてまずは会場のチェック。
Cafe & Dining ballo ballo 看板に騙されたけど実際のお店は左手です。
20160522 14


一番町のアーケード街は学生時代からよくウロウロしていたし
折に触れて訪れているので迷う事はないです。
夕食を取る店を物色して一通り定禅寺通りまで足を延ばして戻って来て決めたのがココ。
下調べ済みのJAM CAFE。 クチコミの評判通りタコライスが美味でした。
20160522 07


開場は19:00。
その15分前にballo balloへ向かいました。JAM CAFEから50mなので1分で到着です。
もう人はそこそこ集まっている状態。
20160522 08


横から店の中を覗き込んで会場チェック中。狭い会場に椅子とテーブルがみっしり。
これ、キャパはせいぜい30~40人ぐらいじゃないかな?
20160522 09

チケット確認から整理番号順に入場。
我々は4番、5番なので前には3人しか居ません。 と、いう事で、
20160522 11
究極の優さんサイドに納まりました。
これで今日の目的は達したようなものです。
この時頭にぺかっと浮かんだのはモチロン優さん大好きNさんの在りし日の笑顔。

なので追悼の意を込めてこの↓写真をリアルタイムで送りました。
ちょうど長女がドリンクの引き換えに並んでいます。
20160522 10


ライブは19:45定刻スタート。
アンコールも入れて21:15まで9曲。(自分のつたないカウントなので定かではない。)
小さな会場での内輪リサイタルみたいな雰囲気でした。

 SET
1. .アカユラ
2. 月光(新曲)
3. 愛してる
4. 傘の歌(新曲)優さんの姪っ子が歌っていたオリジナルのパクリだそう。
5. かじひらり(新曲) 風ひらり。イントロの三線の旋律がHARD ROCKでツボ
6. 青い風が歌ってる(新曲)タイトル未定だが会場多数決でコレに決まった。かも。
7. ゆくい 梨生さん、宮城の震災への思い入れから涙を堪えての歌唱。やばかった。
8. 変らぬ青
9. いちごいちえ(アンコール)

うむ。まだ音源なしの新曲群への期待度も大ですな。
新曲の正確な曲名はウロ覚えだけどアルバムが待ち遠しいところです。

3月の横浜BAR、GWの高畠ワイナリー、そして仙台BARと
ごくごく間近でそのパフォーマンスに触れてきているわけですが、
この歌声とハーモニーは日本の宝だと思います。
もっともっと羽ばたけるね。←これはMCでも言ってました。「頑張らなきゃ!」と。

仙台に来て観客の多くが関東の常連さん。「何だか見た事ある顔が多いなぁ・・・笑。」梨生さん。
本当なら地元仙台(~東北)の初見さんで埋め尽くされる事がコマーシャル的には
成功なんだろうなと自分も思いつつ。でも好きで聴きたいから皆さんも来るワケですけどね。


少々いつものLiveとの違いに困惑した部分もあります。
前に書いた少人数ゆえの「内輪」の雰囲気。
恐らく既にやなの2人とは顔見知りのコアなファンの方が
作り出す独特の雰囲気。一見和やかと言えばそうなんだが・・・
正直「他所でやってくれ」と一部のオーディエンスに対して思う事があったのも事実。
これはリスペクトするアーティストとして一線を引いてステージを見上げたい
自分のライブ参加へのコダワリがそう思わせるだけですが。
でも終演後に長女に言ったら同じ事を言って怒っていたので、少なからず不快に感じる
「何か」があったのは事実。(ここでは逐一は書きません。)
やはり観る側にも最低限の品性は必要だと思います。


さておき、そんな思うところがあったにしても彼女達のパフォーマンスは揺るがないし、
「東京国際フォーラムAホール、一緒に行って下さい」宣言も出ての終演。
またひとつ心に残る金字塔となりました。


いつもの。今回は全員での記念撮影は無かったので貴重な一枚となりました。
20160522 13


高速バスの最終には充分間に合う終演でしたが、
「あんなの二度と乗らん」とダダをこねるセレブ父親に長女が折れ、
マックでゆっくり珈琲を飲みながらNさんにセットリストを発信。
最終22:25の「仙台発郡山行き」といういかにも最終帰宅難民救済新幹線で福島に23:00帰着。
やはり新幹線は快適ですわ。高いけど。  ↓仙台駅にて。
20160522 12


エピローグ

当日朝の連絡を最後に消息を断っていたNさん
本気で「逝ったか?」と心配していたら今日の日中突然ブログにコメントを寄せてくれました。
昨日自分が「安らかに・・・」と書いたブログを見て激おこモード(笑)。 
ご無事で何よりでした。

category: やなわらばー

thread: やなわらばー - janre: 音楽

tb: 0   cm: 6

△top

0522 やなわらBAR Vol.12@仙台 参戦前衝撃のプロローグ 

 


今日は待ちに待ったやなわらばーやなわらBAR Vol.12 @仙台
の日。

3月に命懸けで(書く度に大袈裟度が増して行く)参加したやなわらBAR Vol.11@横浜の会場で
やなFriendのNさんと緊急会議を開いて参加を決めたのが2ヶ月前。
既にあの3月が懐かしい・・・。


仙台開場は19:00なので今は至ってのんびり好天を満喫しています。
雨で寒かった昨日とはうって変って穏やかな晴天なのが嬉しいです。
雪うさぎもほんのひとかけらの雪渓を残すのみで消滅も時間の問題ですな。
20160522 04


庭では薔薇が一斉に動き始めました。
アンジェラがぽつぽつと咲き始めです。
20160522 03

ラ・フランスも咲き始め。
香水系のいい香りが風に乗って家の中まで漂って来ます。
20160522 02

玄関脇の紅白薔薇も最初の花が開きました。
(名前が思い出せない。花弁の先半分が赤、下半分が白。)
20160522 01



さて、この記事のタイトルに触れなければなりません。

今回チケットを取ってくれたNさんから今朝入電。
「体調不良につき参加を断念します。」 

(´_`。)グスン

常に万難を排して関東エリアのやなイベント、ライブには必ず参加するツワモノが
行けないと言うんだからよほどの事なんでしょう。

しかも今回のチケット販売は横浜BARの翌日で、自分がディズニーシーに居る時間帯なので
「先着だから頑張ってね。12:00受付開始」とプレッシャーを掛けて
彼に購入を託しておりまして、

20160522 05

「最前列確定。褒めてください。」 Nさんドヤ顔。
という経緯でございました。
彼の無念を慮る:おもんばかると断腸の思いなのが解ります。


急ぎ電子チケットの引継ぎを済ませ、
ピンチヒッターの長女とふたりで参加する事にしました。


Nさん、Nさんの分のチケットは娘への誕生日プレゼントとのご配慮感謝!
「今回は」ありがたくいただきます。
代わりに全身全霊で聴いて観てくるのでどうか安らかに お大事に! 
イッテキマス(((((((((((っ・ω・)っ 

category: やなわらばー

thread: やなわらばー - janre: 音楽

tb: 0   cm: 4

△top

0520 動画UP Ninja400R & Zephyr1100 奥会津周回Touring 

 


先週土曜日に怒涛の奥会津400kmツーリングを敢行して、
今までの自分なら一週間ほどパッタリ倒れるのがデフォですが
不思議と元気に過ごしていましたね。不思議だ。耐性付いたのかな?

尚、自分が若干(そう若干)倒れていた日曜日には
埼玉からの客人Altriaさんは宿泊した飯坂温泉の吉川屋*を基点に
独りで又土湯トンネルを抜けて猪苗代散策を楽しんでいたという・・・・・。
  *吉川屋:かの昭和天皇も宿泊された飯坂温泉のセレブ宿

あとで聞いた話、「え?一晩寝て温泉に入ったらすっかり疲れは取れましたよ。」
昨日800km近く走ったのにね。さすが20代。住む世界が違う。

前の晩の夕食の会話で、しきりに「まんじゅうの天ぷら」を勧める自分に
「本当にあるんですか?美味いんですか?」と上から目線で切り返して来た彼ですが、
さすがリサーチ及び探究心のカタマリ。緑の村の駅舎食堂で実際に食べてくれたらしい。
「美味かったです。(キリッ)」 福島県土着民としては嬉しい限りだねホント。 d(・∀<)


↑これは日曜の夕方我が家に立ち寄ってくれた彼との会話。

猪苗代から磐越道で真っ直ぐ帰れたのにわざわざまたまた土湯トンネルを越えて
帰りの挨拶に来てくれました。
20160514 001

お見送り中。
また走りに行きたいね~。
IMG_6015-1.jpg



って事で、動画うpです。当日の前編。
猪苗代湖~湯野上~R352入り口まで。
最後の2分半を見ていただければ奥会津の新緑が堪能出来ますよ。o(^-^)o

category: Ninja400R

thread: Ninja400R - janre: 車・バイク

tb: 1   cm: 4

△top

0517 ややや!やな祭り2016 参戦確定 

 


5月14日(土) 13:33
Ninja400R & Zephyr1100のコラボツーリングで前沢曲家集落の散策を始めて間もなく。
集落入り口の水車小屋に張り付いていた時に・・・
20160517 03


「ぽーん」とメールが来ました。
待ちに待ったメールです。
20160517 05


過去4年連続で参加して来たやなわらばーの夏のお祭りライブ、
やな祭りへの5回目の参戦が確定しました。 
(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)
外れる事は無いだろうという確信はあるものの、やはり抽選となると妙に緊張するものです。

ともあれ
5日後の22日(日)のやなわらBAR@仙台、そして8月のやな祭り、と
少なくとも3ヶ月先までは走り続けられる目標のセット完了!



夕べ告知を何の気なしにつらつら見ていて気付いた事。
そもそもこれって去年のやな祭りの写真だよな・・・・・・
20160517 01



あいほん画面を指でびよーんと拡大。



居た。 d(・∀<)
20160517 02

category: やなわらばー

thread: やなわらばー - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

△top

0514 Ninja400R奥会津周回の旅 with Zephyr1100 

 

5月14日(土)朝9時。
かめ丸君、はくちょう丸君、お早うございます。
と、猪苗代湖の長浜に来ています。
 *尚、一時間前に家を出た時はあまりの陽射しの強さにジャケットのインナーを脱ぎ捨てて来ました。(伏線)
20160514 02

磐梯山にもご挨拶を、と思って視線を向けたら長浜に白鳥の一群がいるではありませんか。
きっとシベリアに帰らなかった(帰れなかった)んでしょうね。
20160514 03


9:00ジャスト。
はるばる300km彼方の埼玉県からZephyr1100(以下ZEP11)を駆って来たAltriaさんが到着。
高速道路の風圧でかなり体力を持って行かれた、とは彼の談ですが、
それにしたって自分と比べれば数倍の体力持ち。(20数歳だけ自分がお兄さん)
自分のブログ黎明期にブログコメントを通して知り合った数少ない20代の友人であり、
何故かウマが合って現在に至っている間柄。
ここで待ち合わせをして一緒に走るのは2年ぶりになります。

で、「白鳥いるよ。」の一言に瞬間移動して獲り撮りに行ってます。
20160514 04


本当は今日の予定ルートから見たらここ猪苗代での待ち合わせは
彼にとってかなり戻る事になるんですが、彼も2年前のご対面からかめ丸、はくちょう丸のファンであり
「最初にご挨拶したい」と。
⇒そして朝イチからヘタレPBに移動の無理強いをすまいという気遣いですな。感謝。

そしてリアル白鳥達がはくちょう丸君の方へすーっと移動する奇跡のコラボ。
同時にニコンを構えたまま白鳥にシンクロしてスライドしてきた彼です(笑)。
20160514 05


さて、予定のルート。
2年前に「是非今度は奥会津を走って欲しい。」と自分が言った事の実現です。
長浜を基点にいわゆる奥会津を時計回りに周回するルート。円の部分で250kmぐらいかな?
立ち寄りのポイント★はほぼAltriaさんの事前リサーチによるリクエストです。
つぎはぎですが自分は30年前にGPZ400Rで走った部分もあるし、クルマで家族と走った事もあるので
およその土地勘はある道。今の季節は新緑が綺麗だろうな~と楽しみにしていました。
20160514 01

9:30
長浜を出発して10分後に先導の自分が手でサインを出して早速予定外の寄り道中。
4/25の自分のツーリングで立ち寄ったばかりですが、父の生家のある安積疏水十六橋水門。
いわゆる「昔から変らない綺麗な田舎の風景」を見せたかったので。しっかり伝わったみたいですね。↓
20160514 06


10:30
信号だらけの会津若松市内を抜けてからはR121を快走して下郷町まで南下して来ました。
ここでも自分がサインを出して予定外の立ち寄り。
会津鉄道の湯野上温泉駅。茅葺で人気の駅舎は通り過ぎるには忍びないですからね。
自分自身も何度もここの温泉は訪れても駅舎に立ち寄るのは初めてです。
20160514 07


案の定、というか、我々のツボなポイントでした。スルーしなくて良かった。
趣のある駅舎で人気があるのも頷けます。
20160514 08

丁度ゆるキャラを乗せたラッピング電車が到着して対向電車との離合待ち中。
それにしてもこの空と山の色彩は見事です。
駅舎には足湯もあって、ここに落ち着いてもいいかな?と一瞬思ってしまうほど。
20160514 09


11:40
上の地図の6時の位置。R352に入って休憩中。
とにかく信号が無いし、タイミングをうまく計れば前後に他のクルマやバイクが居ない
超が付く快走が可能です。
Contourの出番、とばかりにここで今までの先導をバトンタッチしてAltriaさんに先行してもらいます。
正直な話、誰かに付いて行くのは自分のようなワインディング未熟モノには楽ですね~。
コーナーでのブレーキングの度合い、倒す角度、それを見て想定出来ますからね。
(他県からの客人に人柱を押し付けて云々・・・)
20160514 10


12:00
お昼丁度に昼食ポイントでもある前沢曲家集落、の入り口にある「そば処曲家」に到着です。
我ながらアホです。由緒ある曲家:まがりやを移築して開業したそば屋なのに建物全景を
撮ってませんでした。
20160514 12

この時点で気温はぐんぐん上昇して24℃。標高の高い高地でこれだから・・・
(途中の電光掲示板で見た記憶にあった数値なので定かではありません。)
と思っていたら福島市では30℃近くあったらしい。
20160514 11

天ざるセット \1,570
美味でした。
右下のそば粉ともち米メインの「はっとう」は究極のスイーツです。
20160514 13


ゆったり昼食の後は\300を支払って
重要伝統的建造物群保存地区に指定された前沢曲家集落を散策します。
普通に人が住んでおられるので「勝手に庭先に入り込まないで」と受付でレクチャーを受けました。
もちろんルールには従いますよ。
20160514 14


写真は割愛してますが
集落内を流れる用水路の水が綺麗で水車小屋もあるし、何より生活感たっぷりなのが
変な観光地よりはずっといいです。本当は撮影には邪魔な電線は今の暮らしがある証・・・
と会話しておりました。彼は集落特産品の無人販売所を研究中です。
20160514 15


天気もいいし居心地も良かったので昼食から2時間近く前沢集落に居て、
今度は伊南川に沿ってR401を只見町まで一気に走りました。
流石に1時間ノンストップはコタエましたが・・・

15:10 若干西日の射す只見ダムに到着です。
思わず疲れが一瞬で吹っ飛ぶような美しい風景ですね。
でも目的地は奥に見える田子倉ダムを擁する田子倉湖。なので先を急ぎます。
20160514 16

15:30
田子倉湖。
時間も時間ですが先着の10台ほどのバイク集団以外はちらほらの観光客だけ。
自分は娘達が3歳の時と中学3年の時に家族でクルマで来て遊覧船にも乗りました。
(今回は水位不足で運行停止中でした。)
20160514 17

ダム側です。
耐性が付いたとは言っても積極的には覗き込まない大人の対応中(笑)なので
Altriaさんに突撃してもらっております。
売店でソフトクリームを買って野郎ふたりで食べたんですが、美味しかったので
写真も撮らずにがぶがぶ平らげてしまったのが心残りですな。
20160514 18


16:00過ぎ
Altriaさんが事前リサーチをして是非行きたいと言っていた三石神社に来ました。
正確に言えばダムから10分の只見町スキー場脇にある何とも趣のある「鳥居」の前に来ました。
「何か出るって書いてあるよ。(震え声)」←熊より山登りの予感に震えたんだがな。
20160514 19

「5~10分歩けばいいみたいですよ。」とTシャツ姿でガシガシ先導で登る20代。
ちなみに返事をする余裕はこっちには皆無です。
これは今までに無かったツーリングの展開ですなぁ、自分のツーリングでは
この時間帯は家に帰ってとっくにパッタリ倒れている時間ですから。
20160514 20

自分は普通の木造の神社を目で探しては見当たらない絶望感に苛まれていたわけですが、
文字通り大きな岩が御神体だったんですね。10分ほど登ったところで「一の岩」。
一言フォローしておくと彼をリスペクトする理由は、きちんと下調べをして
自分が「そこに行きたい」理由をきちんと持っている事。
彼のブログを紐解くと折に触れて八百万の神への参拝を欠かさなかったり、
大和男児=漢:おとこの資質ってヤツですな。
で、断っておきますが彼は100%真剣です。
自分はドキュメンタリーライターに徹しています。ご利益については説明版をご覧下さい。
拍手から・・・・・
20160514 21

恐れ多くて不遜なツッコミは入れませんでしたよ。誓います。
(笑いを堪え・・・・じゃなくて親目線でニコニコ微笑んで見届けました。)
あ、ちなみに自分はこれ以上頭が良くなると色々不具合も出るので遠慮しました。
20160514 22

更にその上にはこんな社が。
存在そのものがいかにも自然崇拝らしさのある神社です。
20160514 23

ご利益は説明板を熟読してくださいね。
何とAltriaさんは完璧なリサーチだけじゃなくて埼玉から糸と5円玉を持参。
「短いな。細いな。」と言って諦めたのかと思いきや、↓長く太い代替品を取り出す、の図。
うむ。参りました。
20160514 24

ふと上を見上げると、この岩屋もやはりラピュタの世界。
思わず心の中で手を合わせたくなりますね。
20160514 25

再び下界に視線を戻して、
もちろんその執念熱意には心の中で手を合わせます。
ちなみに自分は「これ以上良縁があっても一応社会的に色々アレだから。」と遠慮しました。
(そういう男女の縁ばかりじゃないのは分かってますよ。)
彼の特大ロング糸による祈りが届くよう祈念致します。
20160514 26


さて、只見川沿いに柳津までを駆け下る事1時間ちょい。
18:00に三島町の道の駅みしまに到着。
日没の時間帯から急激に気温が下がって来たのと疲れでかなり身体が強張ってます。
川と交差しながら走る絶景エリアですが、流石にこの時間帯は景色を楽しむ余裕は無いな~。
20160514 27
 *この区間で60~70km/h走行中ずっと車間距離を詰めて圧迫して来た黒のタント、そして
  そいつをやり過ごした直後に張り付いて来た仙台ナンバーのレガシー、お前だよお前!
  ⇒自分の後ろで切れることなく冷静に阿呆車をブロックしてくれていた彼に感謝。
   レガシーは自分達を猛スピードで抜いた後、先の方でも追い越しを掛けてました。
   7年前にえすてぃ魔でココを走った時も同じようにずっと張り付かれた記憶があって、
   まさかとは思ったけど申し訳ないがこの区間はブラック認定です。 (珍しく怒りモード)



会津坂下町から喜多方経由で裏磐梯~レークライン~R115で福島に戻る予定も
坂下町で日没となって急激に暗く寒くなったため、急遽オーソドックスなR49猪苗代町から
R115で土湯峠を越える事に。

ジャケットのインナーを家に置いて来た事が悔やまれました。
グローブはメッシュだし。Altriaさん情報だと沿道の電光掲示は9℃だったらしい。
ここは母成へ分岐する手前の待避所ですが、峠越え前の最後の気合いを入れるための
充電休憩中。時刻は19:40です。
20160514 28

考えてみればヘッドライトによる夜道走行はNinja号ではほぼ初めて。
寒さでガチガチになりながらも無事福島市内の幸楽苑(\390中華そばで有名)に
20:20に無事辿り着きました。店に入って開口一番「暖け~」。
大変だったけど熱々のラーメンと餃子で一気に生き返りました。
20160514 29

飯坂温泉に宿を取っている彼と少し並走した後手を挙げてバイバイ。
それぞれ暖かい風呂の待つ寝床に向かいました。21:30帰宅。
自分は未曾有の走行に疲労困憊ながらも長女とレンタルDVDを借りに出掛けたりもしましたが、
その後殆ど記憶がありません。風呂には入ったらしいんだが・・・23:00にはもう爆睡でした。


取り急ぎ行程の記録としてUP。
日曜の続きもあるので一旦ここで締めます。 
なおこの日の走行は372kmでした。
既に今年は去年の総走行距離を越えました。 d(・∀<)

category: Ninja400R

thread: Ninja400R - janre: 車・バイク

tb: 2   cm: 4

△top

0512 22nd Anniversary  

 


22年前の今日、娘達が生まれて来ました。
検診のエコー検査で双子だと判った時のあの衝撃ったらなかったですが・・・
嬉しかったですね。これに尽きます。

お世話になった産婦人科ではエコー検査の動画をビデオにしてプレゼントしてくれてたんですね。
初めてのエコー検査の日、横浜出張から夜遅く帰った自分を自分の実家(病院の近所)で
待ち構えていた家内がテープを再生させなから、淡々と「これが頭で、これが足で・・・」と
説明してくれました。見終わってから、「気付かなかった?ふたりいるんだよ!」

まざまざと思い出しますね、あの瞬間は。
雰囲気がおかしいとは思ったんですよ。義弟はずっと自分をビデオカメラで撮ってるし、
義母もずっと物言いたげにウロウロしてるし。
思わず「なんだってぇ?双子ぉ?」とか声がひっくり返っていたあのビデオはどこ行ったかな?捜してみよう。


蔵出しです。
当時綺麗に残そうと思って全てEOS620でISO感度の低いポジフィルムで撮っていたのは失敗でした。
まさかデジタル時代が来るなんてこれっぽっちも思っていなかったので、これらはスライドをスキャンした
写真達です。
これは生後一ヶ月ぐらい。初夏までは自分も家内の実家に居候して24時間フル動員態勢でした。
当時まだ独身で遊びたい盛りの義弟まで昼夜を問わず色々手伝ってくれてましたね。
20160512 00


生後三ヶ月ぐらい。アパートに戻って核家族デビューした日だったと思います。
自分は風呂とオムツ交換(特に大)と哺乳瓶のミルトン洗浄担当大臣を拝命しておりました。
↓決して手抜きではなく、合理性を追求した結果の授乳風景ですな。
20160512 02


口封じで寝付かせる、の図。
娘達は結局おしゃぶりには騙されませんでしたね。こうして一旦は寝るのにすぐぺっと吐き出して
ぎゃんぎゃん泣いてましたっけ。 d(・∀<)
20160512 01


次女は就職活動に来年の国家試験対策の勉強で忙しそう。
社会人2年目に入った長女も色々問題を抱えて大変そう。
それでもブレないでまだまだスクスク育ち続けて欲しいものです。
親目線ってヤツはいつまでたっても娘達は赤ん坊のままなんですね。
(それにしては毒舌も達者に吐ける赤ん坊だこと。)

category: Twins

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

0510 動画UP Ninja400R 0425裏磐梯周回 

 


GWが明けて2日が経過。
無事社会復帰出来た・・・んだろうか?
どうもまだペースがうまく掴めていない気がします。
少なくとも3月から4月にかけて酷かった花粉によるダウンは
すっかり解消したみたいなので、それだけでもよしとします。


さて、何か大事な事を忘れているな~、とつらつら考えていて思い出しました。
4月25日に久し振りにNinja号を駆って裏磐梯を周回した時に、これまた久し振りに
作った動画をYouTubeに上げてました。
それをSNSで「UP~」と呟いたまま安心してしまってブログ記事にしていませんでした。

需要の有無に関わらず、生きた証を刻む日記ですので(←何か格好エエ事を言った気がする。)
漏れなく貼っておきます。


前編です。
いきなり西吾妻スカイバレーで地を這うような低速コーナーリングを炸裂させてます。
タイトなワインディングを走るのは一昨年秋の八幡平アスピーテライン以来なので
最初はもうガチガチでした。
結果的にはとても良いリハビリになりましたけどね。 d(・∀<)


category: Ninja400R

thread: Ninja400R - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

0508 大花火大会(但し線香花火に限る) 

 


今日でGWが終了。
思い残す事はないので(あれやこれやで)明日から潔く日常に戻ります。


今日は自分の実家の父親を訪ねて賑やかに夕食を。
娘達が揃った時は必ず行う習慣ではありますが、PB父は孫娘達と酒を酌み交わすのが
面白おかしくて毎回ついつい飲み過ぎるという・・・頭の中ではまだ生まれたばかりの
赤ん坊のままなわけですから無理も無いですね。ちなみに娘達は梅酒ちびちびです。

帰宅後、酔った勢いで何やら盛り上がって庭でごそごそ始めました。
巨大なキャンドルを点燈。
今夜は冷え込みが厳しいんですが・・・
20160508 01


線香花火大会です。
家のどこかに仕舞ってあったヤツらしい。
20160508 03



はい。5月の寒い晩に花火をやろうと焚きつけたのは
EOSS KISS X7を構えて長女にあれこれ構図を指図している巨匠でした。 ( ̄▽ ̄;)
20160508 02


以下巨匠の作品を。

やはりコンデジには限界があると思い知らされますね。
まぁカメラとレンズをそこそこのものを使えばいいだけだとは思いますけど。
自分は最後の一枚がツボです。 (*´∀`*)
20160508 05
20160508 07
20160508 04
20160508 06


線香花火は見ているだけでも奥が深いですね。


長女がすぐにボトッとやらかすんですが、どうやらそんなにクオリティの高くないモノだったらしい。
ってか、いつから家にあったものやら・・・という根本的な問題かも。
「へたくそ」
「うるさい黙れ」
まぁ、何だかんだは言っても相変わらず仲の良い姉妹でございます。


次女は明日埼玉に戻ります。
またいつもの日常が始まります。

category: Twins

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

0507 Memorial Scene @0504高畠ワイナリー(やなわらばー後記) 

 


3日前の高畠ワイナリーで我が家の巨匠が撮影した作品集。
いくら駄ブログでもたまには格調高く参ります。 ☆*゜¨゜゜・*:..(っ´∀`o)っ


菜の花 (拡大仕様)
20160507 07
フードコート中央の花壇に咲いていました。


これは自分が撮ったメイキング。4日の記事に貼りました。
ハナミズキをシューティング中の巨匠です。
20160504 11



ハナミズキ① (拡大仕様)
20160507 02



ハナミズキ② (拡大仕様)
20160507 03




グラスワイン。 (拡大仕様)
20160507 04
一杯\500でグラス持ち帰りOK。



ネモフィラ (拡大仕様)
20160507 05

ネモフィラをシューティング中。
20160507 06


自分は日頃コンデジで満足していますが、
ハナミズキのコンデジ画像とX7画像の発色の違いには正直衝撃を受けました。



この日のやなわらばーのライブの模様はあちこち捜してみたけど
流石にオフィシャルSNSで公開された1枚のみ。民度高し。
(ライブ終了後に必ず御礼のメッセージを写真で発信するTeamやなわらばーです。)
20160507 08



そして本邦初公開の次女自撮りのスリーショット。
このサイズなのは単なる出し惜しみですが何か?
高畠ワイナリーで捉えた妖精の写真です。
20160507 09

我が家の双子、
セルフ評価で比較的小顔なのが今まで若干の自慢。勿論比例して身長もかなり低いんですが。
「優さんの顔、私たちの半分しかないね。」
「口の大きさなんて三分の一だよね。」
「私たち山ん姥みたいに見える・・・。」
娘達よ、破壊力満載の美貌にスリーショットで挑んだ君達が無謀だったのだよ。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

category: やなわらばー

thread: やなわらばー - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

△top

0506 Ninja400R 洗車磨き上げ 

 


3日のPerfume @宮城
4日のやなわらばー @山形

充実しまくりでしたが流石に疲れました。
4日は気分がハイになっていたせいで5日の午前3時過ぎまで寝付けず、←無理もない。笑。
昨日はぼーっと過ごして贅沢に一日を使いました。



明けて今日はまた暴風。
5月に入って毎日物凄い風が続いていますね。こんな連休初めてかも。

空が薄雲で白いです。そこそこ気温は高いので
吾妻小富士の雪うさぎも順当にその身体を消滅させています。
20160506 01

陽が差していた午前中勝負。
自分自身のリハビリも兼ねて(まだ身体が重い)まずは庭の巡回から。

玄関脇で小手毬が綺麗に咲いています。これはもともと自分の亡き母親の市内の実家の庭から
自分の実家を建てた44年前に株分けしたもので、この家を建てた20年前に
更に株分けして引き継いだモノです。場所的には三代目。
母の実家は3年前に叔母が亡くなって取り壊されたし、自分の実家でも父親が気前良く撤去してしまったので
血統としては唯一の生き残り。
(そんなわけで幼少期に母の実家で祖父から教えられて初めて覚えた花木の名前が「コデマリ」でした。)
20160506 02


数日前のDIY記事で書いた、例の掘り出した藤の元根。
ラストシーンのラピュタみたいだったと書きましたけど、植えた当時の素焼きの植木鉢の破片を
全部この下の根に取り込んで抱えていたんですよ。
乾燥させて軽くしてから燃えるゴミの日に出そうとしていますが、もしかしたら数年掛かるかも。
20160506 03



さて今日の本題。
先月25日の裏磐梯周回Touring後、初めてカバーを外しました。
雪解け水を跳ね上げて走って来たので当然の結果の汚れです。
20160506 04


いまだに水をザブザブ掛けるのは嫌なのでバケツにタオルで手洗い。
このやなわらばーステッカーは素材が紙なんですね。水が滲みちゃってます。
乾かせばまだ使えますが雨天走行をしたら一発でダメになるでしょう。
でも流石に自分では剥がせない。おとといご本人と会っているので尚更・・・。(←控えめな自慢です。
まるで踏み絵みたいな展開になってます。 (´~`)ウーン
20160506 05


水切り前。
手入れをこまめにしておけば洗っただけも綺麗になるものです。
もちろんこの後は乾拭きとプレクサスでの仕上げをします。
20160506 06


はたらくのりもの
物干し台えすてぃ魔号と、
20160506 07

物干し台Vitz号。
(丁度立ち位置から左右干しやすいところにあったもので。)
20160506 08



ここ数日でLive参戦でお世話になったVitz号のワックス洗車を丁度やり始めた時に
次女が,「歯医者行くからVitzを寄越せ」と脇に立ってふんぞり返ったのでMove号を貸したんですよ。
(Ninja号が写真によってあちこち移動しているのはそのせいです。)
「スタートボタンどこ?」・・・そうか、鍵を差し込んで捻るクルマは運転した事がないんだった。


プレクサス磨き上げ完了。
一番メカメカしくて好きな部分を撮ってご満悦。
20160506 09


次女が歯医者から帰って来たのでまた移動してますが(笑)、丁度良かった。
「手伝え」と手招きして、気になっていたオイル点検窓を自分が車体を垂直に支えている間に覗かせたら
量も色も問題なしでした。←見方が分からんというのであいほんで写真を撮らせて確認。
20160506 10

明日の予報は雨なので出番は無いでしょう。
ただGW明け最初の土日には既に走りの予定が入っているので (*゚▽゚)ノ
日曜にちょっと走ってガソリンを満タンにしておく予定です。

とにかく今年は去年の分まで走る!と決めて燃えてます。
もちろんLive参戦にも燃えますけどね。 (^-^)/

category: Ninja400R

thread: Ninja400R - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

0504 高畠ワイナリースプリングフェスタで唄の女神に会う話 

 


「せっかく家族が揃ったんだから出掛けよう」シリーズ第4弾。
今日はお隣山形県高畠町の高畠ワイナリーのスプリングフェスタに行ってきました。 (*゚▽゚)ノ

*コンテンツの都合上、今日の日記は二部構成で書いています。

★日記第一部 

20160504 01


山形県とは言っても地元福島市からは僅か55km。クルマで1時間で行けちゃいます。
ご参考まで4/25のNinja号ツーリングは赤丸の拠点を経由して行ってます。
ご近所ですなぁ。
20160504 00


10:30に自宅を出発してお昼丁度の12:00に無事現地入り。
「1時間だろ?」という天の声は無視します。
↑Vitz号のナビが「左です!!!」とか威圧的なのでROCKER魂に火が付いて
  無視したら30分ほど畑の迷路をウロウロ走り回る羽目に陥ったのは内緒です。(家族にもね。)


高畠ワイナリー
素敵なところですよ~。 (巨匠撮影)
20160504 03


食のフェスタ なので早速フードコートへ突撃します。
我が家の女性陣、気合いが違います。
自分は混雑しそうな所には絶対に行かない主義ですが、駐車場もフードコートも
適度な混雑(?)でストレスは一切ありませんでした。元々山形が好きってこともありますけどね。
20160504 04
*屋台の奥のお兄さん達、「あれ?同じ顔だ。」 ガン見しとりますなぁwww


前夜から今朝まで荒れ狂った天気は我々が到着した頃にはカラッと晴れて
日焼けしそうなくらい。風は周りのテントの心配をするほど時折強く吹いてましたが
トン汁やらスペアリブやらワインやら・・・こっちの方が何より大事ですよね。 d(・∀<)
20160504 09


ホロホロ柔らかいチキン。暫くフカキョンのダメ恋を観ていた影響で
にくをガッツリ食べたい我が家です。
20160504 06

次女のスペアリブと自分の牛串。
牛串ウマかった~。まだまだ行きますよ。 (((((((((((っ・ω・)っ
20160504 05


ここで長女を連れて屋台を更に物色しに行っていた家内からLine着信がありました。
20160504 07

写真が暗いし画面が眩しくてよく見えん。
誰か知り合いの娘と会ったんだろ、とそれぞれ牛串とスペアリブと格闘する
父親と次女でしたが・・・・・

20160504 08



その時歴史が動いた。 (コラボレーションwith NHK)


次女:カメラをわし掴みにしてスペアリブを放り出して「どこ?」と叫んでダッシュで消える。
父親:座ったまま気絶。

---------------------------------------------------------------------------------------


★日記第二部 
  やなわらばーLive @高畠ワイナリー に行って来ました。


山形にやなわらばーがやって来る情報はかなり前からオフィシャルのスケジュールに載っていましたが、
「山形」の文字だけは認識したもののPerfumeライブの翌日だし、と一旦は脳内でスルーしました。

ただ近くの高畠町だと気付いたのが先週土曜日。
瞬間で家族に「行こう」と声を掛けて満場一致で決めた次第です。
それ以来もう楽しみで楽しみで・・・。 ドキドキ(*´Д`*)
20160504 02
(↑今日の記事の一番最初に貼った告知の下半分です。)


あのふたりの歌声が聴きたいのは勿論ですが、
限られた空間でのフェスなので、もしかしたら、いや、間違いなくフードコートあたりで
会うかも知れない、いやいや出くわしてしまったらどうしよう? などと妄想していた事は
否定しません。実際会場入りした直後は超音波を発振して鋭い視線を送っていました。

その流れからの今日の「第一部」でしたが、
家内の支離滅裂なLineを見てもあまりに牛串に集中していたので
すっかりそれ(出会い妄想)を忘れていました。
なので自分、あいほんを握り締めたまま頭の中であれやこれやが結びつくのに時間が掛かりました。

ちなみに次女が自分を放り出して行ったのは脚色です(笑)。
「とーちゃん優さんに会いに行きたいよね?荷物撤収は無理だから行ってきなよ。」でした。
自分が「まずお前が行ってこい」と言った瞬間走って行ったのはホントですが。

長女が「うっわぁ~細くて美人な人がおるな~、髪の毛長くてサラサラ~。」とガン見したら
ふと目が合って「あっ!」と気付いた瞬間に
ニコニコっと笑って会釈をくれて、家内にも握手をして下さったとの事。
そりゃぁ家内も興奮するわけです。


そんな経緯で家内が満足して荷物番に戻って来て
「会いに行ってきなよ。多分3人で話してるはずだから。」
「そ、そうか?ん~、じゃぁ、行って・・・・・みるかな?」・・・一応節度をわきまえた大人のフリは致します。

丁度優さんはワイナリーの全景動画を撮っている最中らしかったので
出待ちで網を張っていた娘達と待つ事しばし。タイミングを計ってご挨拶させていただきました。
ライブでは間近で見る機会は多数ですがプライベートでお会いするのは初めて。
ステージとはまた雰囲気が全然違うチャーミングな女性でした。

 コンニチハ、晴れて良かったですね、ライブを楽しみに来ました、頑張ってください。
 そんなものですよ。(一応Hard Rockerの漢:おとこ なのでかまってちゃんの
 自己アピールは排除です。) あ、但し着て来たやな祭りTシャツは「気合い入れて来ました。」と
 羽織っていたシャツの胸を開いてお見せしましたが。←脱いでません。


撮影者:父
娘達のリクエストに快くスリーショットで応じて下さいました。
自分はこれで充分です。夢にまで見る憧れの唄姫・・・・・。
20160504 10



Liveは15:00から。
実は撮影を狙っていたんですが、主催者からの厳しい撮影厳禁のお達しがあったので
大人の対応。自粛しました。
通路と芝生の配置の関係から真正面のかぶりつきにはちょっと厳しかったので
優さんサイドのかぶりつき位置のベンチに4人でみしっと座って約1時間、やなワールドに浸り切りました。
丁度良い写真があったのでご参考。
会場入りして直ぐに巨匠の仕事ぶり(笑)を撮ったものです。写真右の石のベンチね。d(・∀<)
20160504 11


小さい子が多数いるのを見て急遽ステージ上でごにょごにょ打ち合わせて「ありの歌」を演ったり、
想定していなかったアンコールに慌てふためいてみたり。
こういうところ、本当に愛すべきアーティストです。
間違いなくその進む先には東京国際フォーラムAホールが待っていると信じます。

ひとつ発見しました。
アンコール対応で優さんがステージ脇のマネージャーさんをちらりと見る⇒大きく頷くマネージャー。
自分も優さんの視線を追ってマネージャーさんを凝視しました。
てっきりやなマネさんはこの自由で天然なお転婆娘(あえて)達の下僕のイメージがあったんだが・・・
この寛大な頷きでチームやなわらばーの結束が見えた気がします。実は下僕だったらゴメンよ。


終演直後のやなわらばーCD販売コーナー。
地方イベントにしては驚くほどの人だかりに見えるのは贔屓目なのか?
もちろん購入者特典のサイン会あり。ではありますが・・・
20160504 12

この光景を見て、会場を後にしながら娘達と会話していたのは、
初見さんや暇つぶし、通りすがりでたまたまこの広場でやなわらばーの唄を聴いて
「おっ、いいね。」と思った人達が殺到したんだよね。って事です。

頭が下がるほど全国各地で精力的に無料ライブをやり続ける事の意義がココにあるわけですね。
どんなステージでもいつもMAXで唄に心を込める真摯な情熱をまた再確認したイベントでした。
そして何故かやなわらばーに関しては行く先々で自分に神が舞い降りる。
シアワセな事です。

category: やなわらばー

thread: やなわらばー - janre: 音楽

tb: 0   cm: 4

△top

0503 Perfume Live Tour初日@宮城S.H.Sアリーナ 

 


Perfumeの6回目の全国ツアー、COSMIC EXPLORERの初日封切り公演に行って来ました。
場所は陸の孤島で有名な宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

20160503 01


移動についてはかなり悩みました。
GWの東北道の渋滞が全く読めない・・・。
いくつかのナビアプリでリアルタイムの渋滞情報とにらめっこしつつ、結局覚悟を決めてオール東北道で。
開場は15:30。普段なら福島を14時に出れば余裕で間に合いますが、
今日は安全を見て11:00に出発。⇒13:30に着いてしまいました。まぁ、いいか。
東北唯一の開催なので秋田、青森、岩手、新潟、会津、いわき、山形などなど
駐車場は他県ナンバーが入り乱れていました。
20160503 02


自分は2012年のJPNツアー以来、東京ドームを除けば4年ぶりのツアー参戦です。
なので戦闘服はJPNツアーTシャツ一択で。(これより後は買ってないし。)
気合いが入りますね~。
20160503 03


参戦メンバーは4年前と同じTWINSですが、
当時高校3年生だったのが今ではもう間もなく22歳。
Perfumeに関しては今では父親より熱いふたりです。
(自分はCDを買ってファンクラブ会費を払ってせっせとチケットを咥えて運んで来る分担。)
20160503 04


オフィシャルのTwitterで盛んに「置いたよ~」と呟かれていた今回のツアーのオブジェ。
とりあえず撮っとけぐらいの気持ちですが真面目に撮ってます。
20160503 05

右にならえ。笑。 「なにこれ?」とか言ってますがとりあえず撮ってます。
20160503 06


ライブ内容は「内緒にしとってね。」とあ~ちゃんに言われて来たので
ツアーが終わるまで書けませんが、「圧巻のパフォーマンス」これだけは言っておきたい。
相変わらずバキバキの重低音、キレとシンクロ度の増したダンスとMC、笑顔も以前と全く変らず。
満足度の非常に高い内容だったと思います。
(個人的に演って欲しかった曲への心残りはありますが、それは今は詳しく書けない事情です。)
20160503 07


終演後、(終演時間も積極的には書かないほうがいいんだろうねきっと)
皆さんで「とりあえず撮っとけ」しているところをとりあえず撮っておきました。 d(・∀<)
この時M10を抱えて行方をくらましていた巨匠が偶然写っていて、後で気付いて大笑いです。
20160503 08


来る時は渋滞で2時間半掛かった同じルートを、帰りは1時間半で無事福島に帰って来ました。
ずっと踊りっぱなしだった身には少しでも早く帰って倒れた方が楽ですからね。
明日は間違いなく重度の筋肉痛です。


それにしても、キュートだったっすあの3人。 ヾ(*´∀`*)ノ
↑そもそも今日の記事はこれ1行で済んだのではないかという疑惑が・・・。

category: Perfume

thread: Perfume - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

△top

0502 DIY バイク用スロープ設置 

 


昨日(5月1日)の夕方、
何故か犬走りにレンガを並べて積んでいます。

このレンガは庭の10数年モノの藤の木を4月初めに撤去した時に一緒に撤去して
庭に積んでいたもの。まだこの倍以上のレンガが庭に放置もしくは埋没しています。

 (藤は花は綺麗だけど根っこが蔓延り:はびこり過ぎて収拾がつかなくなった為
  大元の根を延べ数日掛けて掘り出しました。ラピュタのラストシーンみたいな根っこでした。)

20160502 00


何をするのか?
まずこれを見ていただきましょう。バイクを収納している犬走りの段差。
20160502 01
これに嫌われてNinja号が納車されて3ヶ月目の2013年の7月にここで立ちゴケして
左手が柱とグリップに挟まって潰しかけた事が記憶に新しいです。


加えて我が家に長年住み着いているもぐたん
犬走りの縁沿いにトンネルを掘っていて水を流すと「ぶぉこっ」と音を立てて陥没します。
別に実害は無いし恨みもありませんが、一旦埋めてリセットさせていただこうと思います。
20160502 02


そこで今朝は家内が仕事に出掛けてすぐ、
バイク用スロープの設営作業を開始です。
20160502 03


特別設計図があるわけではなく、スロープの角度も目分量。道具も草刈り鎌がメイン。
並べて見ないと傾きや高さの不揃いが分からないので何度も撤去して戻しての繰り返し。
土を削ったり足したりしながら現物合わせで1個ずつ置いて木槌で叩き込んで行きます。
几帳面なA型の所業。 d(・∀<)
20160502 04

時々ちょっと離れて傾きや高さのばらつきをチェック。
固めた後でも何度か全撤去をやらかしました。
基本土いじりが好きなんですよ。庭は全てこんな風に自分で整えて来ました。
車を置いている枕木も全く同じやり方で2002年に死に物狂いで埋設したもの。
(尤も結局家族総出でやりました。穴を掘るって想像以上に重労働です。)
20160502 05


何となく見えて来たかな?
バイクを出し入れする時のタイヤの軌道はピンポイントで決まっているので
こんなに幅は要らないんですが、勢いで・・・。
そしてここまで来ると多少の凸凹は無視です。面倒臭いし。←A型
20160502 06


暫定(←仕事でよく使う好きな言葉)ですが
縁に土を入れて突き固めて馴染ませるために水を流して設置は終了。 (´ー`)y-~~
本当は底の部分はもっと綺麗に均してモルタルを敷いたり、
目地に砂(かモルタル)を入れれば見た目ももっと美しくなるのは分かってますけど、
使って行くうちに馴染んで凸凹も出て来るだろうし様子見(←業務上好きな言葉。)します。
20160502 07
(作業中狭くてやりづらいと思い続けて、今写真を見て「Vittz号をどかせば良かった」と気付きました。)


掘り出した土をふるいに掛けて分別したあと道具を仕舞って全て完了したのはお昼丁度。
約3時間のお仕事でした。
軍手のストックがこれで最後だったので洗濯してVitz号のボンネットに干しました。
道具はかき集めても最終的に土を掻き出すのは「手」がベスト。実体験で得た豆知識です。
なので今指先がじんじんいってます。
20160502 08
はたらくのりもの
長女は家内より1日多く埼玉に滞在して今日次女と一緒に帰ってくるので、
見つかるまえに忘れないで撤去しなきゃ。


今日の福島は寒くはない曇天。
娘達も帰ってくるしバイクでのお出掛けはナシなので新設スロープの「試乗」はしませんよ。
乗った途端崩壊するのが怖いか? ←天の声。


追記:
今日は平日なんですね~。
隣の小学校の校庭では運動会の予行練習で鼓笛隊がどんちゃかやってます。 
娘達が卒業してもう10年になるのにいまだに校歌のメロディーを忘れない理由がコレです。

category: Ninja400R

thread: Ninja400R - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

0501 昨日の座禅・・・ 

 


いえいえ、昨日は座禅はしませんでしたよ念の為。
ずっと雨だったので一念発起して久し振りのNinja号走行動画の編集に没頭していました。


ところが、
ふとテレビのハードディスクレコーダーの録画チェックをした時に
まだ観ていなかった「ダメな私に恋して下さい」の第一話をちょっとだけ観るつもりが、
以降最終話まで9時間ぶっ通しで一心不乱に観るという
何とも贅沢なGWの独り暮らしならではの過ごし方・・・。(フカキョン可愛いですね。)

若干トラブルもありました。全話で10話だから↑1時間抜けてるでしょう?
見境無く埼玉支部に滞在中の長女に噛み付く父親。
(なかなか高尚なイチャモンを吹っかけてますね。)
20160501.jpg


結局動画編集は今日に持ち越しとなりましたとさ。



今日の福島は午前中は寒くて大変でしたが午後から徐々に天気が回復しました。
4/25のツーリング後遺症の筋肉痛も花粉の喉の痛みもすっかり回復したので
午後から独りでウォーキングに出掛けて来ました。早足で約3km。健全ですな~。
20160501 01
煙草を切らした。⇒健康の為に歩いて買いに行った。⇒ついでに3km歩いて来た。 d(・∀<)
これを家族Lineに投稿したら物議を醸しました。何故だろう?



ウォーキング中。晴れてるのに小雨が降っています。
普通の田舎の風景なんですが、
歩いて行くとヒバリがこちらを警戒して頭上に舞い上がってピーチクパーチク喧嘩を売ってくるとか、
もしかしたら俺は物凄い贅沢な瞬間を生きているんじゃないだろうか?と、ふと考えた時間でした。
20160501 02

category: 日常

tb: 0   cm: 0

△top