PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

0503 桜満開の観音寺川へ 

 


自分は連休5日目ですが、今日から家族全員が連休突入。
例によって家族揃ってのお出掛けDayにしており、
「喜多方松食堂のラーメンが食べたい(主に長女)。」
「桜の写真が撮りたい(主に次女)」の意見に沿って予定を立てました。

珍しく朝から無風で穏やかな晴天。
GWの混雑の当たり日ですが、今日のルートは過去の経験から心配無用の自信あり。
唯一桜を見に行く猪苗代の駐車場だけが気懸かり・・・SNSで連日渋滞の情報が飛び交っていましたから。


自宅をCocoa(慣らし名目で出動)で出発したのが13:30。
家族4人フル積載で土湯峠を越えられるのか?そんな不安は杞憂でした。
次女は「加速が悪い」とは言うけれども一旦スピードに乗ってしまえば必要にして充分です。


15:00過ぎに喜多方に到着。いつもの松食堂に直行します。
この時間なのに相変わらず坂内食堂は長蛇の列。
横目に松食堂の数人の列に並んだ・・・までは良かったんですが、
前のオジサマが「これ、店の人から預かってるんだ。悪いね~。」
最後尾打ち止めの札でした。 (;゚д゚)
20170503_00.jpg


50メートル先の喜多屋さんの列に加わりました。(臨機応変)
列は3~4組で30分待ちぐらいでしたかね?ここもやはり後ろの数組で打ち止めになってました。
ここがダメだったら他の店を知らないので路頭に迷うとこでした。
20170503_02.jpg


初めての店でしたが
チャーシュー麺\800。塩ベースの松食堂とは違って醤油ベースだけど
チャーシューがトロトロで美味しかったです。
(そう言えば昨日から胃が劇的に回復したので多少不安はあったものの問題なしでした。)
20170503_03.jpg

並んでいる間にはラーメンMAPを手にした人達がやはり路頭に迷っている光景を目にしました。
思うに微妙な時間帯だったかも知れないけど、「本日終了」やら「準備中」の店が多かった気が・・・・・
この街、はるばる来る人に対する受け入れ態勢は大丈夫なんだろうか?と
多少心配になりました。(ホスピタリティってやつです。天狗になってると滅びます。)


喜多方を出発したのは17:00を過ぎていましたが、これは予定通り。
目指す猪苗代町の観音寺川の桜のライトアップが18:30からなので。
余裕で18:00に現地到着です。
ここの駐車場がここ数日大渋滞だと聞いていたので覚悟の上でしたが
待ち時間数分で無事駐車出来ました。
(ただ後から来る車は入り切れずに結構つながっていたようです。)

お久し振りの会津磐梯山。
20170503_05.jpg


到着時は日没間際。ぽつぽつライトが点灯し始めるタイミングで
観音寺川沿いの堤防をぷらぷら歩いて下って来ました。
噂にたがわない満開の桜並木と綺麗な清流。最強の組合せですね。
(次女が三脚を立てる場所を物色中。)
20170503_04.jpg


日没です。時刻は18:20。
20170503_06.jpg


桜前線がかなり北上したこのタイミングで満開の桜が見れる場所があるのは
幸せですね。福島県ではココ猪苗代、そしてこれから咲くのが裏磐梯、奥会津・・・
20170503_07.jpg


ちなみに日中は初夏の陽気でも日没と同時にぐぐっと気温が下がる
というSNS友さんの昨日のツイートを見て準備したので
各自防寒対策にぬかりはありません。(自分はダウンジャケット着用で完璧。)
そして、そもそも4月は各自バタバタしていて花見をしている暇が無かったので
あらためての今年初の花見タイムです。
20170503_08.jpg


肉眼だとほぼ真っ暗に近いポイントでも
光源さえあればD5300のオート(フラッシュ停止)でこんな感じに撮れるので
かなり気を良くしていた自分です。
20170503_10.jpg


でも、手持ちのオートには自ずと限界がある事を思い知らされました。
次女は三脚固定でリモートレリーズで15秒開放とか・・・その場で都度見せてもらって
奈落の底に落ちました。笑。
20170503_11.jpg


何の気なしで撮ったiPhoneの方がよっぽど綺麗じゃねーか!と
傷心でD5300をリュックに仕舞いました。以下全てiPhone撮影画像です。
この場所はLEDによる7色ライトアップです。
20170503_12.jpg
20170503_13.jpg
20170503_14.jpg
20170503_15.jpg


ふむふむ。
幻想的ではあるけれどディズニーシーで見るライトアップと大差ないかな?
などと考えて自然光と青空の下で写真が撮りたい!と強く固く決意しました。
単色だけじゃなくてミックスもあったし、桜の木1本ずつ順繰りに色が変ったり、と
演出は良かったと思いますけどね。
(音楽は邪魔でした。香港で観たシンフォニー・オブ・ライツの音楽のショボさと変らん。)
20170503_16.jpg


そんなこんなで現地には20:00まで(次女が満足するまで)滞在しました。
家内と長女は途中で疲れて車で30分以上待機しておりました。
写真を撮らない面々には付き合わされるのはキツイですね。
20170503_17.jpg


再びCocoaでトコトコ土湯峠を越えて21:00に無事帰宅しました。
自分にとっては腰が逝った状態での激痛との闘いではありましたが
これも強制リハビリの一環です。

そして夜景の撮影では全く歯が立たない事を思い知らされたので
修行に本腰を入れる所存でございます。(三脚とレリーズ空から降って来ないかな?)

category: 風景

thread: 風景写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 2

△top