PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

0630 猫と過ごす酷暑日 

 


朝は涼しかったので特に気にもしていなかったんですけど
午後いちあたりからの暑さは酷かったです。福島市は35度越えたんじゃないでしょうか?
これ↓は15時のリビングの気温と湿度ですが、座っているだけで汗が止まりません。
20180630 01
エアコンはあくまで伝家の宝刀なので基本的には熱中症にでもならない限り
稼動はさせません。ちなみに今日は独りで自宅警備です。


あ。ごめんなさい独りじゃなかったです。
ちー助は比較的涼しくて床が冷たい玄関の上がり口でずっとノビて寝てました。
庭に出る時に脇を通るたびに寝返りを打って目を開けて「にゃ~」と何やら言う程度。
20180630 02


17時。
洗濯物を取り込みに二階のベランダに行く時間・・・・
ちー助は時として30分以上もベランダに居続けるので
今日は起こさないようにそーっと階段を上がったら、

やはり察しましたね。にゃぁにゃぁ言いながら二階まで瞬間移動して来ました。
そして床でゴロン。
20180630 03


さすがにこの暑さでこの毛皮ではさぞかし辛いだろう、と思い直して
暫くとことん付き合ってやるか、と覚悟を決めます。
ベランダは風が吹き抜けて気持ちの良い場所ですからそれも悪くないな、と。
20180630 04


実はちー助は最近ベランダの手摺り(欄干)にひょいと登る事を覚えてしまって
落ちたら大変なので一瞬たりとも目が離せないんですよ。
猫の怪我で割りと多いのがベランダから落ちての骨折なんだそうです。
20180630 05


こっちを「じーっ」と見ています。
自分がウチワをパタパタさせているのが珍しいみたいです。
扇ぐという概念は猫さんには無いですから、ただ単に動きを追っているだけですけどね。
20180630 06
ちなみに手前のピンクのサンダルは
次女の埼玉支部のベランダで4年間活躍していたものです。
自分は泊まりに行って煙草を吸う為にこれを履いてベランダに居たので
ほぼ自分用だったとも言える思い入れのある逸品ですw。
引越しではゴミ以外は一切合切捨てずに福島に持ち帰って来て有効利用しております。
(懐かしいな埼玉支部・・・)


30分で家内が帰宅する音がして彼はダッシュで部屋に戻って玄関に向かったので
自分も降りましたが、今日ベランダが涼しい事を発見してしまったので
ここで椅子やテーブルを広げて焼肉とかいいかも?と覚醒しました。
暫くキャンプには行けそうもないのでそれもありですね~、
買い揃えてある道具の慣らし。特に火力使用の道具類です。

category:

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 4

△top

0629 初MRI 

 


6月29日(金)
相変わらず朝の5時には起床する生活を続けています。
夜中に娘達の寝室から1階のリビングに移動してまったりしているちー助と合流。
ネット閲覧を終えてパタンと閉じたパソコンを狙ってぱふっとテーブルに乱入。
20180629 01


テーブル(食卓兼)に載るのはご法度ですが
自分独りの時は大目に見てます。
ちー助が大好きな顎下カリカリ。
こうしてコミュニケーションを深めてポイントを稼がなくちゃなりません。(姑息・・・)
20180629 02


お互い1日の起動の時間ですな。
20180629 03


今日は午後3時の予約でMRIなので会社から医大へ直行。
暑さが半端ないのでクルマを降りてから数百メートル歩く事を考えると具合が悪くなりそうですが
建物脇は物凄いビル風が渦巻いているので汗が引いて心地良い感じです。
20180629 04


CTは経験済みでしたがMRIは初めて。
「強烈な磁場」なるもので何とか身体に良い影響が出ないものだろうか?
なんてことを考えて狭い筒に押し込まれてじっとしているうちに測定完了。30分ぐらいでしたかね。
騒音に負けずにまた途中から爆睡していたので記憶は定かではないですw

そもそもの経緯は退院後の手足の痺れが気になっての神経内科受診。
レントゲンで頚椎異常が見つかったのでMRI。の流れ。
結果的には首の骨の歯並び(?)が悪くて脊髄液が流れる管を圧迫しているそう・・・。
それが丁度手足の神経が分岐する第6~第7頚椎で起きているので症状の説明は付くと。
(自分の自覚がないだけで酷い肩凝りなんだそうですワタクシ。知りませんでした。)

場所が場所なだけに切り開いて削るわけには行かない、と聞いて、
生活に支障が出ているわけではないのでこれ以上の深入りは避けたいところ。
↑もう逃げる態勢に入っています。
痺れの感覚を緩和(麻痺)させる筋弛緩剤の処方を断り、仕方なく肩に塗るローション
だけはしぶしぶ処方してもらって来ました。あのアンメルツヨコヨコみたいなヤツです。
まず使わないとは思いますけど。

一ヵ月後に受診予約なのでまた呼吸器内科との二足のわらじ状態は継続です。
体調がばしっとしない以上は病院との繋がりが大事なのは入院騒ぎで身に沁みて分かっているので
あまりぶうぶう言わずにおこうとは思います。(既にぶうぶうぶうぶう言ってるか。)

category: 日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 0

△top

0624 誕生日のちーさんぽ 

 


6/24(日)快晴
吾妻山一帯の雪は雪うさぎも含めてすっかり無くなりました。



家内の誕生日です。
日曜は娘達が二人とも仕事、かつ夜は外食パーティーと決まっていたので
次女手作りのケーキは前日の土曜日に降臨。そう言えば自分が病院だった木曜日は
帰宅した時次女がキッチンでどったんばったん土木工事みたいにケーキを作っておりました。
20180624 01
↑しっとりのバナナ入りスポンジが美味でございました。年々腕を上げているかもです。


家の掃除を始めた家内でしたが、ちー助が邪魔ばかりしていて捗らないので
「きっとストレスが溜まっているに違いない」と、抱っこして庭に連れ出しました。
20180624 02


抱っこを嫌がらずに大人しく家内の肩にしがみついてキョロキョロしています。
20180624 03


心なしか家の敷地の外に出ると緊張度がアップするようです。
20180624 04
実際この日次女が帰宅した18時に次女と家内が抱っこして外の外周1ブロックの散歩
に出たんですが、ずっとちー助の悲鳴しか聞こえて来ませんでしたw


散歩に出てストレスを抱えるのはよろしくないですなぁ。
結局ちーさんは朝の庭散歩のあと夕方までずっと自分のベッドで寝てました。
20180624 07


この日のディナーは年に1度ぐらいで行くとりでん
19:30の予約。
20180624 05


食べ放題ですが、一人三千円も取る割には内容がいまいちかな?
メニューが変ったせいもありますが、リピートは無しですたぶん。
それでも美味しくいただいては来ました。
20180624 06

会計は「母の誕生日お祝いだから」と娘達がふたりで支払い。
自分も当然そこに加わるのが筋ってもんですが・・・断腸の思いで静かにスルーさせていただきました。
だって資金無いですもん。←プライドも無くなりました。

category: 日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 2

△top

0621 安定期(?) 

 


今日が本来の呼吸器内科の受診日。月いちでヤクを注射する日です。
6月に入って神経内科に行ったり酸欠駆け込みで診てもらったりとなかなかバタバタしていましたが
良くも悪くも今週は割と体調は安定していました。(体調がいいとは言っておりません。)
午後休暇でジムニー号で医大に瞬間移動です。
20180621 01


今月の歴戦の跡、ってとこですかね。
20180621 02


院内に入って時間に余裕があり過ぎだったので
自販機の暖かいコーヒーで一旦ブレイク中。
調子が悪いと呼吸機能検査、つまり肺活量検査でパッタリ倒れそうになる事が多かったので
気休めに気管を事前にウォームアップしておこうというけなげなジタバタです。笑。
20180621 03


今日の血液検査と肺機能検査では数値だけ見ると全く問題ないんですよね~。
以前のような咳の発作もないし痰もゼロ。
ただ、今困っている眩暈と痺れと首から上の苦しい窒息感には先生も首を傾げるばかりで
とりあえず今併せて飲んでいる薬をちょっとずつ別なものに変えて実験してみよう、という事に。

ステロイドは急に減らす事はしないで1ヶ月間9㎎/日で継続。
↑本来5㎎/日でも多い、が医者の見解です。でも6㎎/日に減った先週に倒れたので慎重に気長に行きましょう、と。
次回は1ヵ月後に受診して注射です。(倒れたらいつでも来て下さい、との心強いお言葉w。)


フル検査と注射投薬の割には薬局に回っても15時には帰宅。
今日は次女が休みで家に居たのでちー助はあまり大騒ぎせず出迎えてくれました。
でも「撫でなさい。」さも当然のように。
20180621 04


「はいはい喜んで。」
なでなで中。
20180621 05


次女が夕食の仕込みでご多忙そうだったので
自発的に洗濯物の取り込みにベランダへ。
そして定番のルーティーンで同行者は床でゴロゴロスリスリしています。
20180621 06


ふと我に帰っている猫さんです。
頭上を羽虫が飛んでいるのでハンティングモードに入っています。
20180621 07


リビングに戻って落ち着きました。
ここまで帰宅からの一連の猫さん的行動ってワケです。
さて、自分はどうなる事やらですね~。このまま安定し続けて欲しいものです。
あえてウォーキングも3年ぶりに復活させてみようかと考え中です。
20180621 08

category: 日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 2

△top

0617 ちちのひ 

 


ここ数日寒くてアカンかったですが
今日は雨もあがって暖かくなりました。
早速洗車とか庭木の剪定とか
・・・・・体調は決して良くはないので自重しながら庭仕事をしていたら
昼前にLine着信。

これは自分が大好きなカナヘイのLineスタンプ、「ピスケがいっぱい」ですね。
20180617 01



金曜日から東京に遊びに行っている次女からの
父の日のプレゼントギフトでございました。
20180617 02



夜は仕事から帰ってきた長女がおもむろに「とーちゃん」と言って箱を取り出す。
我が家御用達の不二家のケーキアラカルト。
もちろん家族全員でシェアです。美味でした。
20180617 03



家族でシェアとは言っても猫さんにケーキを与えたらアウトです。
でも知ってか知らずか隣にいてもあまり関心を示しません。
ちー助は我が家に来た時から食事中の食卓に乱入した事はないですね。
たまに手を伸ばして箸とかフォークとかをつんつんして遊ぶ事はありますけど。
20180617 04


あ、そうそう。
そういうわけで東北新幹線が止まったためにまだ次女は東京駅で足止めを喰らっていますw
明日は通常出勤だと言ってたけど明日の始発の方がすんなり帰って来れるんじゃないかな?

category: 日記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

0615 神経内科 

 


退院後に始まった手足の軽い痺れへの対応。
二週間前に行かされた神経内科での頚椎レントゲンの結果を聞きに午後休暇を取って
医大に行って来ました。正直週末の午後休暇は「2.5連休ゲット」ぐらいの感じですが。
20180615 01

どうやら医者的にはこの痺れの原因は
薬の副作用でもアレルギーでもコレステロール異常でもないと考えているようでして、
唯一説明が付くのが頚椎の異常だと。左横から見た首の骨が本来「 ( 」が正常なのに
ワタクシの場合「 ) 」と逆で、第五頚椎が潰れているのだそうです。
今まで肩凝りを感じた事はないし首の痛み云々も皆無なので「へぇ~?」ですが。

結局神経系統には異常はないが将来に禍根を残さぬよう
頚椎のMRI検査をしておきましょう、という事になりました。
MRIは大人気のアトラクションなので(笑)二週間後の予約。
気管支治療に専念したいのにどんどこ横道に枝分かれしていくのは嫌なので
痛み止めの薬は「要りません」と言い放って参りました。


午後3時にはサクッと帰宅。
今日も「ちーちゃん調子悪いかも?」の確認指令が朝から女性陣がら来ていたので
内心心配で帰宅しましたが・・・・・
20180615 02


特にいつもと変った様子はありませんでした。
「ちー助、大丈夫か?」
「んなぁ~」
と会話中です。寝ているところを起こしてしまったので凄い顔してますねw
20180615 03

category: 日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 0

△top

0612 会社復帰と日常 

 


昨日のステロイド点滴のおかげさまで
今日はまぁまぁの呼吸具合。行きたくはないけど出勤しました。


それでも薔薇の花びらをまとっての出勤は少しは気分も上がります。
(写真を撮っているぐらいなのでもともとそれほど気分は落ちてはいませんね。)
20180612 01


出勤さえしてしまえば
あとは渦に飲み込まれてシャッフル+ジェットコースターで上下動しているだけなので
気も紛れます。具合が悪いとは言ってられません。


今日は長女が休みの日で
疲労困憊の彼女は一日寝ているのだと夕べ威張っていましたが
猫様に起こされた模様。
20180612 02


薬で束の間の平穏を手に入れた1日でした。
(鋭意残業までして来ました。)

category: 日記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

0611 連休からの社会復帰ならず。 

 


比較的穏やかに過ごした3連休からの週明け。
いきなり「靴下を履いた我が足」なんぞを載せていますが・・・・・
20180611 01


夕べ久し振りに酸欠になるような咳の発作に見舞われて
救急車にお世話になるような酷いものではなかったので無理矢理就寝。
そして今朝5時に呼吸が苦しくてぼんやりと覚醒。「あ~出勤は無理。」
目覚める前に今日同僚や上司に頼まなきゃならない仕事の段取りを
朦朧とした頭の中で完了させました。←変な特技。ある意味プロフェッショナル(笑)。
20180611 02


無理に我慢して悪化させないように、と病院から入院騒ぎの時に釘を刺されているので
素直に外来にTEL。「息が出来ません。」「すぐ来て。」偶然主治医が外来に居ました。


てっきりまた「入院!」と言われる事を覚悟して行きましたが
いつものステロイドの点滴と吸入で処置完了。
「ステロイドの分量減も限界かな?」と暫く考え込む先生。
結局入院時の30㎎/日から週単位で6㎎/日まで減らしてきた薬を
来週末の注射日まで20㎎/日に戻す事になりました。脱ステロイドは前途多難といったところです。
20180611 03


夕べ救急車を呼ぼうとしたのを制して大人しくしていただいた家内が
今日は休みを取って運転手をしてくれていました。
病院を出た15時。昼から病院に入ったので昼食がまだだった事に気付いて
帰り道で人生初のCoCO壱。以前から興味はありました。
20180611 04
もう行かなくていいです。(素直な感想)
選べるカレーのオプションは全て「普通」で。でも辛さ普通の選択で滝のような汗。そしてしょっぱい。
載っているチキンカツはレンチン?
まぁ安価ではあるので、諸々分かっていて行く事はあるかも知れませんけど。


そう言えば前回の神経内科の受診で手足の痺れがコレステロール由来かも、
と言われてドキッとした事は書きました。
その結果は今週金曜に聞きに行きますが、血液検査の結果は今日の自分のカルテに
データリンクしていました。「LDLが230?」呼吸器内科の先生絶句モード。
体質もあるが増えたのはステロイドの影響もあるかもなぁ、と。
 注:LDL基準値上限は139。一昨年のドックで190を叩き出した時は「即救急搬送レベル」
   と言われて慌てて投薬をしてその秋には基準値に収めたんでした。
   そして、その後の喘息騒ぎで放置してました(それどころじゃなかった)。

今後大幅に食事の量と中身の制限が入る予感満載です。
体重も60㎏を越えたままだし、これはこれで何とかしなきゃと思ってはいましたが
あっちもこっちも諸々辛そう・・・・・。

category: 日記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

0609 ROCKの日には電撃で。 

 


0609なのでROCKの日。
去年はNinja号で・・・・くどくど言うのはやめときましょう。


ROCKは自由:フリーダムなので実践されているお方を見習いたいものですね。
頭が落ちてるんですけどぉ~。
見てるこっちが苦しくなりますが本人は平気みたいですね。
20180609 01


今年は何故か庭に羽虫が大量発生中。
クルマに乗り込むのに口を開けて息をしたらエライ事になります。
秋はいつもですがこの時期の発生ってあまり記憶にないですね。
家の脇のミニ用水路。これが例年干上がっているのに今年は澱みなく流れているので
これが原因だと思っています。

蚊取り線香は毎晩2セットを仕込んでいますが
風任せなのでいくら焚いても全然追いつきません。
という事で今日ホームセンターで買って来ました。
電撃殺虫器

青い光に誘われてやってくる奴らをバチバチっと皆殺しです。
20180609 02
ネット相場とほぼ変らない\1,900でした。
ホムセンやる気無さ過ぎで、市内で一番大きなダイユー8では「置いてません。」
3件目のカインズホームでやっと確保しました。


電源を入れてから実はすっかり忘れていました。
ちーさんがリビングのソファに突然飛び乗って外の何かに反応・・・・
「あ、バチバチいってるからだ」と娘達。
それを聞いてまるで子供のようにダッシュで外に見に行く父親。←オレです。
どれだけ獲れるか楽しみです。一夜にして壊滅させるのは無理でしょうけど。
20180609 03

↑飽きもせずじーっと観察する一人と一匹。
  次女が「目を悪くするから戻っておいで」と言っています。
 (もちろん猫さんに、です。)


部屋に戻ったらちーさんが最近覚えた座椅子の座り方を披露していました。
「なんでこの家族はみんなで一斉に自分の写真を撮っているのだ?」 と言ってますね(笑)。
20180609 04

category: 日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 2

△top

0608 庭の薔薇(表土搬出開始) 

 


ほぼ1年前の6月9日。
この日は会社が休みでNinja号を駆って猪苗代湖半周~喜多方~裏磐梯を走りに行って
間もなく咳が止まらなくなったんでした。風邪だと思っていたんですが・・・・・。

今年は今日がその日。世間では平日ですが会社が休み。
(会社カレンダーの都合らしいですが誰も詳しい事情は知らない)
とてもどこかに出掛ける体調ではないのでちー助と大人しく留守番です。


朝から庭を徘徊。
庭中央の楢の木根元の淡ピンクのカーペットローズが咲き始めました。



濃ピンクも。
20180608_070800.jpg


赤も。
20180608_070844.jpg


アンジェラも盛りです。
去年上方向の剪定が弱かったので花の位置が上に行ってしまいましたが
毎年変らずみっしり咲いてくれております。
20180608_070900.jpg


そして定点観測所レポート。
もう雪うさぎとは呼べない雪渓が少し残っているだけです。
20180608_070713.jpg

さて、この↑柵は一体何かと言いますと、
今週から8月までの間、隣の小学校の校庭の掘削~埋設土の搬出作業が行われます。
フェンスもシートで覆われているので視界が狭くなって閉塞感たっぷりの非日常感。
風で砂が飛んで来るのを防ぐための二重の壁が出現したわけです。


震災が起きた2011年の8月19日に自宅のベランダから撮影。
原発事故対応で校庭の表土を削って入れ替えた時に出た土を埋設する作業です。
巨大な土嚢が7年間埋まっていたわけですね。
もともとあの原発の爆発後もこの地域は放射線量は極めて低かったので
自分的には只のパフオーマンスとしてしか捉えておらず気にも留めていなかったですが。
small as of Aug19 2011

そう言えば2~3年前に各家庭の除染作業の順番が回って来た時は
表土入れ替えで雑草やら何やらが一掃出来ると大いに期待していましたが
「何回計っても基準値内線量」で何もしてもらえなかったという事がありましたっけ。
良かったんだか悪かったんだか・・・・・。

category: 日記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

△top

0603 猫族の下僕認定 

 


昨日は福島市の一斉清掃DAYで
我が町内会では近くの公園の草刈りミッションがありまして、
病み上がりの言い訳をしまくるのも面倒なので朝6時からたっぷり1時間半
参加して来ました。朝から強烈な日差しで途中で意識が飛んでました。
というわけで夜はさっさと21時には寝落ちしていて日記が書けませんでした。


夕方17時。
リビングのすぐ外の犬走りを音もなく歩いて行く影を見つけて追尾開始。
時々我が家の敷地を通過していく猫さんでした。
野良猫・・・と言うよりもここは田舎なのでどこかの飼い猫さんの気儘なお散歩ってとこでしょう。
最近も見かけて思わず家内に「あれ?ちー助居るよね家の中に?」と聞いたばかりだったので
せめて証拠写真でも、と思って外に出ました。
20180603 01


こちらの気配を察してジムニーの下に隠れたのは判っていたので
しゃがみ込んで観察しながら「どうしよう?」と思っていたら
(正直野良猫の類に好かれた記憶はこの方一切ないので構えちゃいます)
猛然とダッシュした猫さんが逃げて・・・・・行かずに真っ直ぐこっちにアタックして来ました。
何が起きたか判らず呆然としていたら、思わぬ身体スリスリ攻撃。
20180603 02


そして身体をどてっと投げ出します。
これはもう、アレですね。
20180603 03


「撫でて~」ですわ。
20180603 04


にゃうにゃうゴロゴロ言いながら撫でなさい攻撃を延々と。
この時点で実はまだ自分は呆然としたままで成すすべなく立ち尽くしておりました。
まさかの展開ってヤツです。
「キミはどこの猫さん?もしかしてちー助の匂いがするのかな?」
かろうじてそんな事を話し掛けるので精一杯。
スマホの写真の撮れ具合を確認している隙に一瞬で居なくなっていました。
20180603 05

耳がピンと立った猫を間近で見たのが初めてなら鮮やかな緑色の目を見たのも初めて。
そして鳴き声がちーさんとは全く違うのも新鮮で、暫くドキドキしたまま立ち尽くしておりました。
にゃんタマは無かったのでメスなのかな?(去勢の証の耳の切り込みはありませんでした)


目と鼻の先の外で起きた出来事で、彼女が盛んににゃーにゃー鳴いていたのに
外から覗き込んだら我が猫さんは目覚める事無く爆睡中でした。ピクリとも反応していません。
家に入って今の出来事を話してやったんですが、
「とーちゃん何興奮して喋ってんの?」 ってなもんです。我が道を行くタイプなんでしょうかね?
20180603 06


恐らくちーさんとの生活経験がなかったら
こちらにダッシュされた時点で脱兎のごとく逃げたか、噛まれるのを恐れて
攻撃していたかも知れません。あぶないあぶない。

そして、何となく「こいつは下等動物だが撫でてくれるヤツ」的な猫族のフラグが
頭の上に翻っているような気がして仕方ありません。
まぁある意味何かは認められたって事だと解釈しておきます。笑。

category:

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 2

△top

0601 脳疾患センター 

 


先週の呼吸器内科の診察で手の痺れを訴えたら
すかさず院内紹介で脳疾患センター行きが決まった話を書きましたが
今日がその通院日。

朝9時の予約で初診・・・大抵こういう時は時間が掛かると決まっているので
会社は1日休暇でございます。

そして予感的中。
朝9時の予約で8時半に入ったのに診察は10時半から。この時点で1日がかり確定です。


診察科は神経内科。
どうやら薬の副作用というのは自分の勝手な解釈で、アレルギーの原因となる
好酸球の影響による神経性の血管障害を懸念されての予定外検診だったようです。


問診と組み体操的な手の動き確認(押したり引いたりとか)だけで1時間。
その後電極だらけにされての通電検査(中古バッテリーじゃあるまいし!)。
20180601 01

↑正しくは真ん中の神経電導検査ってやつですね。


肘から先の神経に沿って電気を流して反応速度を観る検査。
これが意外と強烈な衝撃でして、手がびよ~んと跳ね飛んでしまうレベル。痛いし。
「慣れると寝ちゃう人もいるんですよ。起こすから寝ていいですよ。」とは検査技師の同年輩のお姉さん。
「いや痛くて寝るのは無理ですよ。ははは・・・。」

↓帰宅後の写真ですが赤マジックの位置で電極を固定してました。
  神経にうまく電極を当てないと完全にビクンとならないので
  探りながらマーキングするのにかなり時間が掛かりました。
20180601 02


「終わりましたよおぉぉぉぉぉぉ。(笑笑笑)」
遠くから聞こえてくる技師さんの声であの世から帰ってきました。
完璧に爆睡したみたいです。
「これは究極の拷問だな。」と思いながら寝れる自分は一体ナニモノでしょう?


少なくともこの検査の結果では全く異常なし。爆速?超速?神経はちゃんと仕事してました。
あとは肩こり由来の痺れ(おい)とか、コレステロール由来の障害とかの疑いは残るので
レントゲン撮影と血液採取をして16時に帰宅しました。この結果は15日にまた通院で確認です。
(コレステロールはすっかり忘れていたけど、ちょっとガクブルです。1年放置しちゃいました。
 3月に呼吸器内科で血液検査の時に値確認をお願いしていたのに入院騒ぎで吹っ飛んだらしい。)


いつもよりは少しは早く帰宅。
留守番ちー助は眠りから一瞬だけ覚めて「なんで?早くね?」みたいなキョトンとした顔。
そのまま放っておいたらいつの間にか娘達の寝室に行って寝てました。
19時過ぎ。家内のROOMY号帰宅の音で二階から降りてきたちーさんです。
何となくホッとする日常。ですね。
20180601 03

category: 日記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 4

△top