PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

190927 抜糸 

 


9/13に済ませた鼻の腫瘍の手術の件。
本当なら9/20に抜糸をするはずが入院していたため今日休暇を取って行って来ました。
入院中の病室で電話でやり取りをして9/27で予約変更済み。
20190927 01

抜糸は診察室で横になって30秒ほどで完了。
少しチクチクと痛かったですがあっと言う間に解放されました。
帰宅してから鏡で見ると全くイボの痕跡は無し。これは凄いですね~。(写真は自粛します)


今日の休暇は退院後の養生も兼ねているのでのんびりゆったり構える計画。
天気も上々で鼻の糸も取れて気分はスッキリです。
きちんとスマホアプリで計ったら病院からの距離は360mでした。
頑張って歩いて来てハアハア言って座り込んでいるところ。←まだ体力が回復していない。
20190927 02


座椅子を枕代わりに横になっていると
背中合わせに潜り込んで来たちー助がモゾモゾモゾモゾ・・・・・
暖かいポジションを確保しているのだな、と微笑ましく思っていたのですが
次の瞬間にはすっかり寝ていました。w
20190927 03

category: 日常

tb: 0   cm: 0

△top

190925 仕事復帰  

 

結局昨日9/24は自己判断で休みにしました。
職場には退院時に週明けから復帰すると伝えてあったのでなかなか勇気が要りましたが
体力枯渇によるふらつきを何とか1日で辻褄合わせ。
今日出勤して参りました。

休めば休むほど復帰のプレッシャーは増えるので
朝の職場入りの瞬間の緊張感がMAXなのは仕方ないとして、何とかこなして来ました。
今回は連休にうまく当てて倒れた事と自宅療養を最小限で済ませた事で
有給休暇を温存した5日間の傷病休暇を活用。

尚、休んでいる間だった9/17指定で
会社の健康管理センターからの産業医面談の召喚状が来ていました。
こっちで波乱の予感満載です。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

△top

190923 日常へ 

 


とてもクイックに入退院して来た感覚だったのですが、
去年の入院は9日間。そして今回は8日間。全然クイックじゃありませんでした。
但し慣れの成せるワザで、前回2週間の自宅療養をしたのに対して
今回は2日間の療養で会社に復帰しようと・・・。


ごちゃごちゃ言ってますが
非日常で高揚した気持ちから穏やかな日常へのシフトをこの2日間で目論んでおりました。
朝の定番の猫さんが居る光景に癒されます。
20190922 01


義理の息子は金曜に会社訪問からの義理父退院ピックアップ。
日曜はアパート物件巡り。(とは言ってもまだ冷やかしレベル)とハードな日程をこなして
日曜夜に東京に戻って行きました。就職話が順調に進めば一気に移住して来ますが
果たしてどうなる事やら。
↓日曜の朝、「ちー助が居ない」と探していたら
 次女から「ここに居るよー」と写真が飛んで来ました。
 住めるようにした和室の義理息子の布団にちゃっかり鎮座しておりました。
20190922 02


さて、明日から速攻で会社に復帰しますが
これを書いているうちに少々気持ちが挫けてきました。
一週間横たわっていた事による体力の劣化は2日間の休養では正直全然回復なんてしません。
咳止めの強烈な追加薬を処方されているせいもあってフラフラなんですよね。
どうしようかなぁ。明日の朝起きてもう一度身体と相談してみます。
 ↓いつも陰ながら応援してくれるお仲間、の図。
20190922 03

category: 日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 0

△top

190914 Jimnyの傷修復完了 

 


本来9/14のメインの日記になるはずだった記事。
事情により執筆者が不在になってしまったため(何かあったようです)今UPします。

9/10に犠牲になったJimny左側面の線描アートの件、
有言実行で極細コンパウンドによる磨き作業を9/14の午前中に行いました。
これは次女のCOCOAの傷修理用にホームセンターで買ったものでほぼクリームに近いものです。
20190914 001


暗澹たる思いで作業着手前の証拠保全の撮影を。
20190914 002



膨大な傷に沿ってタオルでゴシゴシゴシゴシ。。。。。


ダメモトでのチャレンジでしたが驚きました。
磨き作業後の撮影。鏡のようにすっかり綺麗になりました。
20190914 003


衝撃を最初に受け止めて一番絶望していたヘッドランプ脇もご覧の通り。
線のように見えるのは花壇の薔薇の枝や支柱が映りこんでいるだけです。
(作業途中で撮っているのでよく見るとまだ傷は残っていますがこの後すっかり消滅させました)
20190914 004


傷に見えていたのは草木の繊維がクレヨン代わりになって付いただったんですね。
流石にコンパウンドが無ければここまで一気に綺麗には出来なかったかも知れませんが
諦めずにチャレンジした甲斐がありました。
ヘタをすれば10万円コースを覚悟していた事を考えれば気持ちは一気に天まで昇る龍の如く。


作業前から墜ちていた風邪による体調不良はこの作業でダメ押しとなり、
夕方の発熱から入院へと一気に龍が天まで昇ってしまいました。

category: Jimny

tb: 0   cm: 2

△top

190921 退院しました。 

 


鬼門だと思っていた相部屋での最後の夜は大人しく過ごしていたらそれはそれで何とかなりました。
眠れない事は気にせずに無理に目を閉じたらいつの間にか寝ていたし。
救命救急センターに駆け込んだ14日の夜から足かけ8日目。
お世話になった多機能ベッドとお別れです。
20190921 01

昼に病室を出てから迎えと合流するまで2時間のタイムラグが出来てしまいましたが
病院の正面玄関で外の空気を満喫しております。
20190921 02

次女夫婦(斬新な言葉)にピックアップしてもらって
我が家に帰還しました。


今後はおいおい次女の件も述べていかないといけませんね。
8/25に入籍だけを先に済ませ、義理の息子はまだ東京でお仕事中。
彼は生活基盤をここ福島に移すべく動いており、今週末は就活のため昨日から福島入り中。
いきなり義理父(ワタクシ)の退院ピックアップの大役とか・・・。
ちなみに婿に入ったわけではありませんよ。念の為。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

190920 入院7日目 

 

人生初の相部屋体験の日。
北側の個別空調独り占めの個室から南側の4人部屋に移ったため
暑いわ狭いわで最初は涙目でしたが割とすぐに慣れました。
人間は自分の縄張り認識が出来ればそれに適応する生き物なのだなぁ、と。
次回の入院に向けての気持ちの準備が整いました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

190919 入院6日目 

 


朝いちで点滴の針がやっと外れました。
20190919 01

採血とレントゲンの結果は問題無し。
金曜午前中での退院が一旦確定したのですが、
嫌な咳が残っているのでもう1日投薬を延長して土曜日の午後いちにしましょう、
と病棟の主治医からのオススメあり。

これを今度はこちらが断って「帰ります」。
と言って手続きをお願いした直後に、
誰も迎えに行けないから土曜日にして欲しい、と家内から。
もうバタバタです。
一度はタクシーで帰るとは言ったものの折れました。

問題はここから。
結局土曜日退院で再依頼した結果、明日金曜日の朝から相部屋に移動。
これは仕方がない事とは分かっていたのにかなり不機嫌になりました。
で、夜来た家内と大バトルです。
二度と帰って来るなと言われました。帰りますけど。笑。

そんな事もありましたが、退院してもこれからが辛い季節になるので薄氷を踏む感じですね。
今回は気温の急激な低下で引いた風邪による感染症。
風邪はアレルギー感染症直結だから絶対引くなと医者に言われていますが、無理。
でも焚き火キャンプは再開させたいですね。
入院フル投薬からの退院の勢いで。 
いやまだちょっと無理か。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

190918 入院5日目 

 

日付けと時間の感覚が麻痺して来ています。 
検温、酸素測定、採血、吸入、点滴、の他に医者の回診による問診など、
割と気を抜けない治療で順調に回復している筈なんですが。

但し点滴に繋がれている以上行動の自由はありません。
20190917 02

夜は目が冴えて殆ど眠れないし、かと言って昼寝もせずずっとAmazonプライムやWOWOWオンデマンドで
映画を観て過ごしているとあっという間に時間が過ぎて行きます。唯一の変化点は食事ですかねー。
それでも個室で気儘に過ごせるだけましでしょうか。
20190917 03


実は3連休の初日の深夜に入院したため入院着とタオルレンタルが仮契約のままで、
替えが一回分の2セットしかない状態でした。
今日休みだった長女が差し入れ持参で様子を見に来てくれたついでにやっと契約書を提出。
長女が帰った直後に大量のブツが一気に部屋に運び込まれました。頑張ってガンガン着替えます。

夜は仕事終わりに家内と次女が来室。
大丈夫だから来なくていいと言ってはあるものの、
退院を焦らず徹底的に直してから出て来いと教育的指導。。。
特に家族の体調が徹底管理を要する事情の時期に感染症で咳をするヤツが家に居られるのは困る
というワケなのでごもっともではありますが。

でも、前回は9日間耐えて入院していましたが、今回はもう沢山。帰りたいです~。
明日のレントゲンで問題が無ければ金曜日か土曜日の退院かな?と期待しています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

190917 入院4日目 

 

朝から看護師さんが押す車椅子でレントゲンを撮りに行って来ました。
決して歩けないわけじゃないので気恥ずかしいのですが大人しく指示には従います。

今日は元々の注射通院予約日。
さて主治医はどう判断するのかと思っていたら午前中に車椅子で再び注射だけを打ちに外来へ。
問診は無し。↓超絶混雑中の行きつけの呼吸器内科外来の廊下で放置されている、の図。
20190917 01


主治医は若く見えるだけで偉い先生なので、
実は朝からその配下の病棟の先生から詳しい事情聴取を受けていました。
去年入院した時にお世話になった懐かしい先生との再会でした。
「週末の検査でその先の対応を考えます」
むむ入院延びるのか?

金曜日が鼻の抜糸だと伝えてはあるのでもし延びるならどうするのか?興味があります。
確か医者の派遣で連携しているのでなんとかしてくれるハズ。
少なくとも自分で糸をむしる羽目には陥らないよう祈ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

190916 入院3日目 

 

世間では三連休の最終日。 酷い咳は出ていますが熱は平熱になって落ち着きました。
まだフラフラ転倒の恐れありとのお墨付きなのでトイレは看護師付き添いが条件でしたが、
昼からは自分で点滴、心電図、酸素計のセット台車をコロコロ押して
独りで行けるようになって自由度が増しました。  

夕方近くなってシャワー許可が出て喜んで行ってきました。
20190916 00
一気に生き返りました。これでかなり体調が良くなった気がします。


夜に家内と次女が様子を見に来ましたがかなり元気に見えたらしく
特に2日ぶりの次女は拍子抜けだったようです。
この際心配なところは徹底的に入院して診てもらうべしと説教を食らいました。
←手作りケーキ🍰の差し入れ付きなので大人しくハイハイ聞いてます。w
20190916 01

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

190915 入院2日目 

 

今日は先日亡くなった義母の四十九日法要と納骨でしたが、
自分はこの病室から合掌するだけでご勘弁を。

抗生剤の点滴で極端な高熱からは解放されたものの8度台での推移。
ぼーっと過ごしておりました。

次女の指令でこの日から開始された病院食のレポートを送るのですが、あまりに貧相だと言われました。
20190914 03

これは去年入院した時に家内が過去ダメだった食べ物のアレルギーを全部書き出したせいで
極端な制限食になっている疑い大とのこと。まぁ、でもいいですこれぐらい。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

190914 緊急入院 

 

前日の鼻の手術の絆創膏を朝剥がし、心機一転フレッシュな気持ちで迎えた14日。
木曜あたりから風邪で喉が痛くて嫌な予感はしていましたが、
夕方から一気に熱が9度まで上がったところで心身ともに打ち止め。

電話連絡を入れて21時に家内の運転で医大の夜間救命救急窓口に向かいました。
救急車は流石に遠慮しました。
20190914 01


この持病での高熱なので感染症の疑いありで1週間の入院宣告です。
図らずも一年半ぶりに第2の我が家に帰還です。

ちなみにまた相部屋と言われたので拒否。
空いていたトイレなしの個室に潜り込む事ができました。
入院の話題になると家族にはワガママを言うなと叱られますが、絶対に無理です。

レントゲン。CT。採血の後病室に入ったのは日付けが変わった25時でした。
20190914 02
-- 続きを読む --

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

190913 手術が無事完了。 

 


昨日から気温が急激に下がって朝晩はもう寒いです。
今朝はリビングで20℃でした。


右鼻翼部皮膚腫瘍摘出術が無事終わりました。
少なからず身体にメスを入れているので今それなりの痛みはありますが、
ここ2年ほど大事に育てて来た右の鼻の穴の入り口に出来たイボと決別。


今日はお昼丁度の予約だったので1日休暇を取って
時間まで大人しく2匹で過ごして待機していました。
190913 01


病院は規模的には医大ほどではないものの田舎にしては大きいです。
総合病院と言っても良いでしょう。先日ここで義母が亡くなった・・・と言えば
自宅から240mというコンビニエントな立地なので当然歩いて行きます。


6年ぶり2回目で経験ありとは言え直前になってビビリモードで逃げたくなりましたが
暴れる事無く大人しく手術フロアで待機中。
190913 02


局部麻酔でのイボ取りですが、きちんと手術台に寝かされて
髪の毛落下防止用の帽子を被り、鼻の部分だけ穴が開いたシートを全身に被せられての本格的スタイルです。
「麻酔の注射しまーす。物凄く痛いから我慢してねー」
の先生の声からちくちく縫合完了まで10分も掛かっていません。
麻酔って本当に効くんですねー。


術後の会計待ちです。ちなみに費用は\8,500ほどでした。
190913 03


今は切った痛みと縫った痛みでビリビリしていますが
ここ2年間ずっとジンジン痛かった事を思えばどうって事ありません。
一週間後に抜糸です。

category: 日記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

190910 Jimny負傷 

 


二日前の帰宅時裏道でのドラレコ動画でございます。



ブラインド気味の左カーブをインベタで加速中に
正々堂々とこちら車線の真正面を走って来る大馬鹿ヤロウ様です。

向うはぶつかる直前で慌てて回避。
こちらも咄嗟に左の路肩に回避。
走り抜けながら「ぶつからなくてよかった。」

冷静さを取り戻して植え込みに当たって倒れた左ミラーを戻しながら
心配になって来ました。
かなり藪こぎをしたので左サイドから嫌な予感満載。
上の動画でもかなり大きな音が入っています。



アート。ですな。(翌朝撮影)
20190910 01


左のヘッドランプからテールランプまで。これは膝から崩れ落ちる事案です。
ここ二日間は気分が完全にダークサイドに堕ちておりました。
20190910 02


結論から言ってフラフラ走っていた馬鹿モノに腹は立つものの
今更どうにかしてやろうとは思ってはいないので、いかに安価で修復するか?です。
どっちみちドラレコ画像ではナンバー判別不能。ぶつかっていたらと思えば耐えられます。

まずは週末の休みになったら洗って、コンパウンドで磨いてみるつもり。
恐らく完全修復は無理なので車両保険が利くかどうかの確認も含めて購入店で観てもらいます。
金額によっては娘の会社での実費修復かな?


お気に入りのピカピカのノクターンブルーパール色が傷モノになった事案でした。
正直言って気持ちの完全復活まではイバラの道です。

category: Jimny

tb: 0   cm: 2

△top

190907 アクビ 

 


昨日、今日ととんでもなく暑い日でした。
暑くなる前に、と朝から家の脇の雑草ジャングルと格闘した結果
だいぶ綺麗にはなりましたが、無茶をし過ぎた結果1日倒れている羽目に。
蚊が嫌なので猛暑の中ウィンドブレーカーとジーパンで武装したのも敗因です。

↓彼は倒れている訳ではありません。室温は30℃越えでしたが風があったので快適にお昼寝中。
20190907 01


貴重な猫様のアクビ動画。
我が家では長女にしか見せないリラックスし切った様子です。
(数日前に長女が撮影)





実は昨日(金曜日)、1日休暇を取って病院に行っていました。
今盛んに通っている医大ではなく、6年前に鼻の横に出来た腫瘍(イボ)を切ってもらった病院です。
2年ほど前から今度は鼻の入り口に再発してじんじん痛くてですね・・・・・。
切って下さいと形成外科に突撃しました。
20190906 01


6年前は当日に手術してもらえたのでそのつもりで朝いちで出掛けたんですが、
「では一週間後に切りましょう。」 あらら。
採血をしたり手術前の段取りの説明を受けたりのみで帰って来ました。
また来週休暇を取らなきゃですが、まぁよいです。気懸かりはひとつずつ潰して行きます。
20190906 02

category:

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 0

△top

190905 出勤停止? 

 


7月に会社で受けた定期健診の結果はだいぶ前に返って来ており、
白血球数:上限84に対し142
総コレステロール:上限219に対し245
悪玉コレステロール:上限119に対し166

この項目で引っ掛かるのは十数年前からの定番。
白血球が多いのは身体のどこかで炎症が起きているためで
アトピー性皮膚炎やここ2年間の気管支炎・・・正にアレルギーが原因ですな。
コレステロールは元々悪くてクスリで抑える事に3年前に成功していましたが
今喘息治療で飲んでいるステロイドが全てをぶち壊している事は主治医も承知。

今週火曜は医大の定期通院(注射)日でしたが、丁度居ない午後休暇の時間帯に
会社の健康管理センターから「産業医との面談をするから検診結果を持って来い」
とメール連絡があったものの無視していました。
なぜなら会社組織の変更で人間ドックが推奨されなくなって
会社にバスが来る検診をメインにする、と今年から制度が変った事に反発しているからです。
7月の検診なんて30分で終わるヤツで胃の透視も無し。ふざけるなぁ!と
10月に自腹(3割負担)でドックを受ける予定です。

ところが昨日ばったり会社内でセンター長と出くわしてしまいまして。
上に書いたスコアだと通常勤務はNGで産業医の認定がないと出勤停止になる
レベルなのだそう。その判定のための面談をしなければならないのだそうです。
「今あなたは扱い保留中なんだからね!」とガミガミ言われて来ました。

あくまでアレルギーの過剰反応と喘息治療の副産物の検診結果だから、
と説明はしたものの9/17に産業医が来るので監禁されての面談になる予定です。
働けない人を働かせて何かあったら会社が責任を取らされるから、とは
15年前まで同じ会社の総務にいた家内に昨日聞いた話です。


出勤停止か。。。
うふふふふ。 但し有給に限る。
 

category: 日記

thread: 日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top