PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

191013 次女(そもそもの4/25) 

 

昨日の続きになります。
そもそもの発端まで遡ります。

忘れもしない4/25の明け方3時。
「ちょっといい?いい話じゃないよ」と家内に叩き起こされて
「次女ちゃんのお腹に赤ちゃん。今3ヶ月。彼は今は無理と言っているらしい。
どっちにしても今決断しないと間に合わない。」

家族5人(雰囲気を察知して起きて来たちー助を含む)でリビングに集結しての家族会議。
ちなみに自分は次女が暫く前から調子悪い、気持ち悪いと言っていたので薄々感づいていました。
家内も2月に次女に聞いたら否定したので年末年始の病院移転の残業疲れだと思っていたそう。
(そもそも次女自身が検査薬で判ったのは4月に入ってから。4/24に独りで病院を初受診。)
なので「赤ちゃん」には驚かず「彼が堕ろして欲しいと口走った」事に内心激しく反応した次第です。

4/25の夕方には彼が福島にすっ飛んで来て家内と次女だけとの3者面談。福島駅で、です。
動転してしまってすみませんでした。次女さんも赤ちゃんも大切にします。
全てはここから始まりました。
ちなみに自分が面談に行かなかったのは逃げ腰の彼に襲い掛かる危険性があったため
家内に止められたからです。今となっては笑い話ですけれど。

この日、三者面談を和やかに終えて帰宅した次女にやっと「おめでとう」と言いました。
明け方のカミングアウトの時にエコー写真を見せられたのに言ってやれなかった事が
1日ずっと引っ掛かっていました。

次女の人生です。先に子供が出来た事には食い付きません。
変えようのない現実を踏まえてひたすら全力でバックアップするのみ。
次女以外の3人と一匹の家族の総意です。

そう言えば、彼氏が出来たと家内から聞いたのは埼玉支部撤収の引越しが終わった日。
一緒にえすてぃ魔で福島に帰るとばかり思っていたら「1週間ぐらい友達のところに居る」
と言われて、「へ~?」と。その後帰りの車の中で家内から聞いたんでした。
・・・・・至ってうわべは冷静でした。
次女も含めた我が家の女性陣は自分が荒れ狂うと思っていたらしいですが、残念でしたね。笑。



その後、彼がギリギリまで東京での今の仕事で稼げるだけ働きつつ産休までには移住する
というほぼ当初のシナリオ通りの経緯です。
6/16
ガチガチに緊張して来宅した彼と初対面。
父親は凶暴で獰猛(なモモンガ)だと言っておけと次女に言ってありました。
「次女さんと結婚させてくだs」「いいよ」。
7/19
次女が彼の実家にご挨拶に。
親御さんは今月我が家に挨拶に来て下さる予定。まだ直接話した事はないですが
お母様からは息子をすっ飛ばして先に次女に何かとLine連絡が来るそうなので大丈夫です。
8/25
どうしても出逢った記念日に入籍したい、との次女のこだわりでこの日に入籍。
義母が亡くなった直後なので延期すべきかを気にしていたようですが
問題ないよ、と背中を押しました。(葬儀でお坊さんにも聞いて同じ事を言われたそう。)
自分はふ~ん、出逢った日なんだ?程度の反応でしたが
実は気付かずブログに書いていた。リンクは貼りません。おいおい改めて。


滅多にしない写真の使い回し。5/25に書いた日記の写真です。
そんな事情のさ中なので
寄り添うちー助が何かを感じ取っているように見えて
当日は日記を書きながらコレを見てウルウルしておりました。
20190525 11




category: Twins

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 4

△top