PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

0505 異種接近遭遇(CAT & DOG) 

 


5月5日(土)
午前中は晴れ間から陽が差しているのに強く雨が降るような変な天気でした。
SNSを見ていると吾妻山の浄土平は吹雪で少し積雪もあったようです。

すっかり雨があがった午後、
弟が娘(姪っ子)とあんずのとふたりと一匹で陣中見舞いに来てくれました。
自分が入院した時には心配して何度も連絡を寄越してくれてましたが
「見舞い不要、虚礼廃止」通達でメールやりとりのみ。
実弟なのでこういう点ではあうんの呼吸で話が通じるワケです。


相変わらず大人しいあんずを見て「キラリン」と閃いた次女が
我が家の長男坊を抱っこして連れ出して来ました。これは非常に興味深いご対面になる予感。
果たしてちーさんはどういう反応をするのか?
(家内実家の吠え立てて走り回る犬2匹に対しては全身の毛を逆立てて威嚇したらしい。)
20180505 01


結論から言って、まずちーさんは先日の撮影会同様
抱っこを嫌がりぃの、外にビビリぃの、あおあおにゃーにゃー言って騒ぐのが最優先。

姪っ子(トリマーのタマゴ。修行中。)が猫を抱いたことが無いと言うので
長女があんずを預かりつつ手渡ししようとしていますが、大暴れ中。
次女が支えきれず一瞬地面に降ろしたらペタンとうずくまっていたので
やはり相当外にビビッている事が判りました。
20180505 02


TWINS連携による戦略的対応。w
おやつで落ち着かせる作戦ですな。
「なんだ食べるのかよ?」パニックしているのにこれにはウケました。
20180505 03


無事姪っ子の肩に収まっています。
何とも言えない形相のちーさんですが。
20180505 04


落ち着いたところでこれが一番接近したシーン。
あんずは本当に穏やかな大人の対応で動じず騒がず。
むしろちーの反応の方が危険かな?と思って見ていましたが、
黙ってじーっと見つめるだけでした。
20180505 05


こうして見ると決してサイズ的に小さくはないちーさんですが
まだまだ中身は手の掛かる子猫のままって感じかな?間もなく2歳になるはずですけどね。
20180505 06


恐らく今後自分の実家でフリーでご対面となっても
この二匹はトラブルにはならないだろうというのが居合わせた関係者一同の結論でした。
関連記事

category:

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pboysblue.blog.fc2.com/tb.php/1433-0b0382df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top