PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

190805 義母の葬儀が終わりました。 

 


8/4の通夜、8/5の告別式、無事に終わりました。
流石に酷暑にやられて今日は途中から喉がキュッと閉まる不調モードを発動しており
静岡や山形から来た親戚を見送った後独りで先に自宅に戻って休養しておりました。

今回の場合自分は姻族(血縁なし)の立場ながら
結婚した時から家内一族にはとても良くしていただいているので
久し振りに会って話が出来て良かったと思う反面、自分の不調は漏れなく伝わっているため
全員から「身体大丈夫か?」と聞かれて「大丈夫!」と親指を立て続けて
右手親指の付け根が筋肉痛です。


さておき、葬儀の準備をしていた時に義弟が、「今度は誰の家に来るかな?」とポツリ。
(義父の時はフラッと姿を見せに来たり自分の城だった作業場で缶コーヒーを落としたり。)
「おいおい」と言ってみんなで笑っておりましたが、
最中に会場が地震で揺れた4日の通夜の晩にそれは起きました。

叔母の家で誰も居ない二階から物凄い大きな音がどったんばったん発生。
叔母は自分の兄弟達と市内のホテルに泊まったので家内の従姉妹が独りで居た時の事。
5日の朝は自分が迎えに行ったのですが、彼女が興奮して一気にまくし立てるので
てっきり地震の話かと思ったら帰宅後の事案でした。←地震の時は一緒に会場に居たな。

パニックになった彼女は葬儀会場に泊まりこんでいる家内に電話。
「今来て貰ってもここには誰も居ないからホテルを訪ねてちょうだい、とおばちゃんに言って!」
つまり出るところが違うから棺に居る義母を説得してくれ、という意味。
家内は本当に義母にそう伝えたそうです。後で聞いたら可笑しくて笑いながらだそうですが。

家内の従姉妹、自分でパニックと言いながらとても冷静です。w
この一族、何か持っています。
みんなで協議検証した結果、そういう事をするのは義母ではなくて義父だろうと。
義父にとっては散々ですね。

*義母が亡くなる3日前には静岡の義母のお姉さん宅で深夜に玄関チャイムが鳴ったり
   やはり家の中で物音がして揺れたり、があったそう。とても仲良しだった姉だし
   若い頃は暫く身を寄せて一緒に暮らしていたので、一族曰くこっちは義母かな?と。

何にせよ故人に結び付けて考える事が出来るのは救いだよね、とオチを付けた自分ですが
義弟が「でも全く関係ない人(?)だったらヤバイですよ。」と目が真剣でした。
ナルホドそれは怖いです。

関連記事

category: 日記

thread: 日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pboysblue.blog.fc2.com/tb.php/1637-6f3a3127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top