PBOYS-BLUE

Motorcycle , Music , Rock , Twins , etc・・・

1230 Coffee Mill  

 


何故真冬の寒い日に・・・とブツブツ言いながら
今日はサッシの水洗いなんぞをやって(強制的にやらされて)おりました。
ちなみにいつもの連休ショックによる発熱は昨日の一瞬だけで済んだみたいです。


昨日Amazonから今年最後の着荷。
一度タガが外れるとあれこれポチりたくなるものです。←必要最低限には抑えています。
20151230 01



購入したのはコレ↓。
20151230 02


キッチンの戸棚の中に珈琲豆があるのがずっと気になっていたものの
我が家にはミルが無くて、何とかしなきゃと思っていました。
せっかく挽くなら色気のない電動じゃなくて手動でしょ、ってことで・・・・・
バイクで出掛ける時にも持ち出せるこのタイプを物色していました。
20151230 03


キャンプをされる方ならご存知の定番ポーレックス製は\4,000~5,000もするし
とてもじゃないが買えないわ~、と思っていたら、ありました。\1,800ほどで。
Amazonのレビューを見て変なバッタもんでも無さそうだったのでポチっと。
(未確認ながらポーレックスのOEM製品らしい。)
Amazonポイントを投入して\1,000だったのでハズレてもいいやぐらいの軽い気持ちで。
20151230 04


取説に日本語表記はありませんがネットには嫌になるくらい載っているので無問題。
こちらも直感で使うので取説なんて見ませんけど。
3杯分の豆を放り込んでガリガリします。
挽き具合の調節ネジの設定が分からないのでそのまま挽いたら「粉砕」に近いというね。
(言わんこっちゃないけど、身体で覚えるからいいもんね。
 ってかこのまま壊れるまで設定はいじらないと思います。)
20151230 05


これ、力は要りますがガリガリ楽しいです。
実際問題バイクで出掛けて珈琲を淹れるとしたら最初から粉を持って出る方が断然楽ですけどね。
わざわざバイク用にドリッパーも買ってあるのに今まで一度も出番無しだったし、
今となってはあの折り畳み知恵の輪タイプのドリッパーを改めて買おうかと・・・。

さておき、粉は荒挽きを定番で購入している自分ですが
図らずも完膚なき粉砕挽きの出来上がりです。 ヾ(- -;)
20151230 06



ご参考まで、無類の珈琲好きです。THERMOSの珈琲メーカー愛用。
粉はネットで2㎏単位で買って1ヶ月で飲み切るサイクルです。家族は誰も飲みません。
中毒レベルかも知れませんね~。外泊時のドリップ珈琲確保はほぼ死活問題です。
(先日のやなLive埼玉泊では疲れて買い忘れて翌朝禁断症状に負けて
 コンビニまでフラフラと買いに出たほど。)
高校生の時にミル付き珈琲メーカーを親に買ってもらって社会人になるまで豆を挽いて
使っていたっけ。懐かしい。(結婚式の引き出物だったかも知れない。記憶が曖昧です。)

早速淹れてみました。
40年近くぶりの豆からのドリップでしたが、イケてます。
いい買い物が出来たと思います。
20151230 07

↑写真が上手く撮れなくて、まるで化学薬品工場の廃液みたいな出来の写真だったので
  小さく貼ります。悔しい。


タイトルに書いたミルのスペルに自信が無かったのでWikipediaで調べたら

「コーヒーミル (coffee mill) は、焙煎されたコーヒー豆を粉砕するための器具である。」

・・・な~んだ、大雑把に使い方は粉砕で合ってるんじゃん。と納得しました。(←いや、違うからな。
関連記事

category: 日常

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

なるほど~

持ち運び可能という点が非常にGOODですね( ´∀`)bグッ!
やはり特別な1杯はお豆を挽くところから始まると思います。
Altria家のMillは長年酷使されてきて刃がダメになってきているので、そろそろ買い換えないといけないんですよね~(´Д` )
同じヤツ買っちゃおうかな・・・。

Altria(アルトリア) #FPonLAj2 | URL | 2015/12/30 23:50 | edit

Re: なるほど~

耐久性はこれから検証しますが
レビューを見る限りは大丈夫そうですよ。
何よりもちゃんと持ち出して使わないとですね。
今度福島に来る時はマイカップ持参でお願いします。
自分はあのKawasaki謹製をずっと使い続けていますよ。

pboysblue #- | URL | 2015/12/31 00:25 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pboysblue.blog.fc2.com/tb.php/972-4a72fa54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top